チェストボイスとは?正しい練習方法は?

チェストボイスは、歌を歌う時には多用する発声方法です。
基本的にチェストボイスは、低音域を出す発声方法で、
高音域の声を出すのは向いていません。

Sponsored Link

 

一般的には「チェストボイスは話し声に似ている」とも言われています。
プロの歌手の方が歌う時に、キーが低めの場所がありますが、そこはチェストボイスである可能性が高いです。

 

ですが、サビ以外の部分を歌う時は、
チェストボイスで歌う事が多くなると思います。
それでは、チェストボイスについての記事です。

 

 

チェストボイスとは?

チェストボイスとは「胸声」の事です。
読み方は「きょうせい」ですね。

 

なぜチェストボイスが胸声と呼ばれるのかというと、
響きを胸に落とすからではないかと思います。

Sponsored Link

 

チェストボイスは、地声の出し方と似ていて、
それほど高音は必要のない発声です。

 

ですが、話す時の声とは別物です。
「話し声=チェストボイス」ではないんです。
なので、正しいチェストボイスの発声方法を覚えましょう。

 

 

 

正しいチェストボイスの発声は?

まず、カラオケで多くの人が、話し声と一緒の声の出し方で
歌ってしまっています。

 

例えば普通に話をする時は、ただ普通に声を出していますよね。
でも、正しいチェストボイスの発声をする時は、
鼻腔共鳴というものを使います。

 

 

鼻腔共鳴は「びくうきょうめい」とも「びこうきょうめい」とも言います。
鼻腔だけだと「びこう」と書いて変換すれば「鼻腔」と出るんですが、
どっちの言い方でも間違いではないみたいですね。

 

この鼻腔共鳴ですが、人間の鼻って空洞がありますよね?
鼻の穴から喉までが、空洞になっています。
この空洞に、声を響かせるんです。

 

 

例えばアコースティックギターですが、空洞がありますよね。
他の弦楽器の多くにも言えるんですが、この空洞に音を響かせると、
いい音がなりますよね?

 

人間の体の例外ではなく、音を響かせるといい音、つまり良い声になります。
これは、普通に話している時の声とはちょっと違います。

Sponsored Link

 

稀に、話し声も響いている人がいますが、
あまり多くはありませんよね。
芸能人なら、藤岡弘さんの声が響いた話し声ですよね。

 

 

話を戻しますが、正しいチェストボイスも、
声を鼻腔に響かせるんです。
その時に使う鼻腔共鳴は、この方法です。

 

1・口を閉じて、声を頭頂部から出すイメージで出してみる。
声は「んー」が出しやすいと思います。

2・口を閉じているので、声は鼻からしか抜けません。
この時、鼻の空洞に声が響いているのを感じてみて下さい。
響きが感じられる時点で、鼻腔共鳴が出来ています。

3・その声を出しながら、声を「あー」に変えて、
口を開けてみて下さい。

4・鼻腔共鳴で響いた「あー」という声が出ると思います。

 

 

最初は「声を頭頂部から出すイメージ」が、
なかなか掴めないと思います。

 

何回かやってみればわかると思いますので、
焦らずにやってみて下さい。

 

 

 

鼻腔共鳴を加えたチェストボイスにスパイスを

この鼻腔共鳴で出したチェストボイスも、
かなり良い声になっていると思います。

 

ですが、もう1つスパイスを加えて行きます。
それは、声を出す方向です。
「あれ?鼻腔共鳴は頭頂部側に声を出すんじゃないの?」という声も
あると思いますが・・・

 

 

確かに声は頭頂部側に出します。
ですが、意識にとしては声を「抑える」んです。

 

具体的には、声を胸側に落とします。
(チェストボイスは「胸声」。つまり胸に響かせるんです)

 

この「声を出すのは頭頂部側」と「声を胸側に落とす」というのは、
ちょっと感覚として難しいですよね。
声を上に出しながら下に落とせって、意味わからないですよね。

 

ですが、何回かやればわかると思います。
「声を出すのは上側」なんですけど、その声をさらに上から、
抑えつけるイメージです。

 

 

鼻腔共鳴の時に話した頭頂部側ですが、これはわかりやすくする為に
そういう表現にしました。

 

これで鼻腔共鳴が出来た後に、この「声を胸側に落とす」をすると、
声が眉間から出るようなイメージになると思うんです。
なのでチェストボイスの練習は、こういう順番になります。

 

1・鼻腔共鳴をマスターする為に、声を頭頂部から出す

2・鼻腔共鳴の感覚がわかったら、今度は頭頂部ではなく、
眉間から声を出すイメージに変える
(鼻腔共鳴の感覚は残したままで)

3・眉間から出る声を、下に抑えつけるイメージで声を出す。

 

普通に頭頂部から声を出すと、声は真上に抜けて行きますよね。
ですが、それを上から下(胸側)に抑えつける事で、
声は真上には抜けず、途中で止まります。
それがそのまま、眉間から抜けていくイメージですね。

 

これだと、チェストボイスの声は、
「鼻腔共鳴と胸の共鳴で響く声」になります。

 

 

また、もう1つの感覚だと、
「声を胸側に落として発声して、実際の声は眉間に抜ける」という
言い方でも、わかるかも知れません。

 

この「声を胸側に落として発声」が、藤岡弘さんの話し声で、
その発声のまま、声を眉間に抜けさせる感じです。

 

声質としては、秋川雅史さんの「千の風になって」のような、
オペラっぽい声になると思います。

 

全てを1回でやろうとすると難しいので、
まずは鼻腔共鳴をマスターしてみて下さい。
それから、胸に落とすという練習をしてみるといいと思います。

 

 

また、この感覚は混乱させてしまうかも知れないのですが、
自分のチェストボイスは「声を上下に出すイメージ」です。

 

声を眉間から、さらに胸というよりは、喉の下あたりから出す感じで、
口から声を出しているというイメージよりは、
顔全体から声が出ているイメージです。

 

この感覚がわかりにくければ、鼻腔共鳴~胸に落とすという順番で
練習をしてみて下さい。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。