カラオケやボイトレで喉を開く事は重要なのか?

カラオケで歌う時に必要な事や、ボイトレで教えてもらう事の中に、
喉を開くという事があります。

これは、実は、かなり大事な要素なんですよね。
中には「喉を開く」という発想がなかった人もいると思います。

Sponsored Link

この「喉を開く」ですが、これが出来るのと出来ないのとでは、
どんな違いがあるのでしょうか?

歌う時全般に関して、喉を開くというのは重要な事なのでしょうか?

 

喉を開く事は・・・

カラオケなどで喉を開く事なんですが、
これはボイトレなどでも言われている通り、重要な事です。
ですが、ある意味では重要な事ではありません。

こうなると答えのない問いかけのようにも聞こえるんですが、
時と場合により、重要だったり、重要ではなかったりします。
 

まずボイトレなどで喉を開くと言われているのは、
喉を開く事で口腔共鳴(口の中での響き)が出来るので、
通るような、良い声になりやすいです。

Sponsored Link

喉を開くのは、歌う時ではいつ必要になるのかというと、
すべての発声時に必要になる、重要事項です。

チェストボイスでも、ヘッドボイスでも、ミックスボイスでも、
喉を開く事は大切です。

 

なので、現時点で歌の練習をされている方は、
喉を開く事を覚えるのは、とても重要な事です。

ですが先ほど書いた通り、時と場合によっては、
喉を開く事が必要ではない場合もあるんです。

 

これがどういう事なのかというと、主に個性ですよね。
喉を開けば良い声になりやすいですが、逆に喉を開かない事で、
違う声質に出来たりもするんです。

なので、喉を開く事は大切ですが、いつもいかなる時も、
喉を開く必要はないわけです。

歌声を聴いてみるとわかるのですが、よく通る声よりも、
喉を開かないで出す、こもったような声のほうが、
歌う曲に合う事もありますし、自分でこの声のほうが好きという場合も
出てくると思うんですよね。

 

だから、喉を開く事は重要なんですけど、
絶対に必要なのか?と言われると、そうでもないんです。

 

ただ気をつけて欲しいのは、喉を開く事が出来る人が、
わざと開かないで歌うというのは問題ありません。

間違って欲しくないのは「喉を開けないから、それを個性として使う」
というパターンですよね。

この場合は、ただ可能性を潰しているだけですからね。
どっちの声も出せて、自分で取捨選択するぶんにはいいと思いますが、
出来ないからやらないという選択肢は、ないと思ったほうがいいです。

 

極論、ミックスボイスも喉を開かないで発声する事が出来ます。
ただ、自分の発声を聴いてみて、喉を開かないミックスボイスの声質が
好きなら、そうするのはアリです。

「喉を開けないけど、ミックスボイスは出せるからそれを使う」
と考えてしまうのは、あまり良くないですよね。

これはどんな事にも言えると思うのですが、選択肢が2つ以上あり、
どちらかを選ぶのはいいと思うんです。

でも、選択肢がなくて、選べるものが1つしかないのなら、
選択肢を増やす努力をしたほうが、絶対にいいんですよね。

ただ高い声を出すだけでも、まあヘッドボイスが出せるなら、
だいたいの高音は出せるようになると思います。

でも、そこにミックスボイスという可能性を付加する事で、
選択肢は広がり、可能性も広がるんです。

 

現時点で喉を開けない人は、練習で開けるようになってみて下さい。
奥歯で割り箸の太いほうを1本ずつ噛む事で、
感覚は掴めると思います。

その後、いろいろな練習を重ねて行く過程の中で、
喉を開かないという選択肢も考えるといいと思います。
まずは「選択肢や可能性の幅を増やす」と考えるといいですね。

チェストボイスは鼻腔共鳴を使うのが一般的ですが、
中には共鳴をさせないチェストボイスという選択肢もあります。
これも、鼻腔共鳴が出来るならしてもいい判断です。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。