綺麗な歌声の出し方は何がポイント?

カラオケで歌う時、出来れば綺麗な歌声で歌いたいですよね。
綺麗な声だとそれだけで魅力的に映りますし、
歌もうまく聴こえます。

 

綺麗な歌声の出し方ですが、基本としては裏声になります。
裏声にも種類があって、息漏れの多い裏声をファルセットと言います。

ファルセットは、普通にカラオケで歌う時に出す裏声になりやすいです。
でも綺麗な歌声で歌うには、すべての場所を裏声で歌う事が必要です。

 

綺麗な歌声の持ち主

綺麗な歌声は、息漏れの少ない裏声、つまりヘッドボイスで歌うと、
声の質も地声とは変わり、綺麗な印象になると思います。

Sponsored Link

インターネット上で人気になっている歌い手の方で、
kobasolo(コバソロ)さんという方がいます。

 

kobasoloさんの歌い方は、かなり参考になると思います。
こちらがkobasoloの歌唱で、クリープハイプの寝癖を歌っています。

 

これだけのハイトーンボイスが出せるのは、
ヘッドボイスを使っているからだと思います。

なお、恐らくkobasoloさんの声の出し方ですが、
感覚はすべて裏声だと思います。

 

1曲すべてを裏声で歌っているのですが、
息漏れが少ないので、ファルセット(息漏れが多い裏声)とは、
違って聴こえるんですよね。

Sponsored Link

kobasoloさんの発声の仕方は、とても参考になると思います。
この歌声で歌えれば、間違いなく綺麗な歌声ですよね。

もちろんベースとなる声は裏声なので、透明感がある声です。
男性でこれだけ綺麗な歌声が出せる方は、なかなかいないと思います。

 

綺麗な歌声の出し方ですが、歌っている感覚は地声ではなく、
裏声の感覚です。

普通に裏声を出すと、ファルセットになってしまうと思うのですが、
この時に声門を閉鎖させて、鼻腔共鳴させることで、
kobasoloさんの発声に近づけると思います。

ヘッドボイスに関しては、こちらに記載してあります。
ヘッドボイスとは?出し方と練習方法は?

 

ヘッドボイスは高音を出せる方法なのですが、
他の発声に比べると、難易度はやや低めです。
(簡単に出来るというわけではないのですが)
ぜひ習得したいですよね。

 

なお、話し声と歌声の発声が違うのは、
声帯の形です。

話し声は声帯同士が当たって声が出るのですが、
裏声は声帯同士の隙間から声(息)を通すイメージです。

 

話し声と裏声を交互に出してみて、歌声の場合は裏声なので、
自分の中で感覚を染み込ませるといいと思います。

チェストボイスみたいに、地声に近い発声もあるにはあるんですが、
高音の発声を考えるなら、どうしても裏声の発声になります。
なので高音を出すなら、kobasoloさんのイメージがわかりやすいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。