歌での息継ぎは鼻?口?ブレスで正しいのは?

歌を歌う時は、息継ぎ(ブレス)が必要です。
歌っていると息切れするので、息継ぎが出来るタイミングで、
しっかりと息継ぎをする必要があります。

Sponsored Link

 

正しい息継ぎをする事は、歌うのに必要なだけの空気をしっかり吸えるので、
息継ぎは重要な要素なんですよね。

 

ですが人間って、息継ぎをする方法は2種類あります。
具体的に言うと、

・息継ぎを口でする

・息継ぎを鼻でする

この2通りがあるんです。

 

 

正しい息継ぎ(ブレス)は口?鼻?

息継ぎはブレスとも言うのですが、ここでは「息継ぎ」と統一して、
話を進めて行こうと思います。

息継ぎなんですが、例えばボイトレだったり、
歌唱を指導してくれる人のところへ習いに行ったとします。

Sponsored Link

 

この場合、息継ぎの方法で教えられるのは、
「口で息継ぎする」「鼻で息継ぎする」のどちらでも教わる事があります。
人によって、どう息継ぎするのかって、まちまちの意見なんですよね。

それでは、どんな息継ぎが正しいのかと言うと、
個人的には「どちらでもいい」と思います。

 

 

ただ、プロの歌手が歌っているところを聴いてみると、
口で息継ぎをしている人が多いです。

よくCDなどで歌を聴いてみると、息継ぎする時に、
「スゥ~~」という、息を吸う音が聴こえる時もあります。
つまり、口での息継ぎが正しいという事です。

 

ただし、鼻で息継ぎをするほうが大切な事もあります。
なので、両方を使い分けるのがいいと、個人的には思います。

 

口と鼻、それぞれの特徴としてはこのような感じです。

 

・口での息継ぎ
空気の量はたくさん吸えます。
ただ、口で吸って口で吐く(歌う)ので、
間奏が長い時には有効です。

 

・鼻での息継ぎ
多くの量を吸う事は出来ませんが、
一瞬で空気を肺に取り込む事が出来ます。
フレーズとフレーズの間など、歌う部分が続く時に向いています。

 

つまり、歌う部分が続く時は、鼻ですばやく息継ぎをして、
間奏などがある場合は、歌う直前で多めに息を吸う事が、
正しい息継ぎなのではと考えています。

 

たぶん歌詞が続くところでの息継ぎを口でした場合、
息を吸ってすぐ吐く事になるので、きついと思うんですよね。
なので、鼻で素早く空気を取り込むほうがおすすめだと思います。

 

間奏などは息継ぎする時間もあると思いますので、
より多く空気を吸えるように、口で息継ぎをするのがおすすめです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。