カラオケで裏声で歌う練習 なぜ裏声なのか?

カラオケで歌う時、地声で歌う人が多いと思います。
正確には地声ではなくチェストボイス(胸声)という発声方法で、
音域としては、地声で出せる音域の発声が出来ます。

Sponsored Link

 

ある程度低い音域なら、チェストボイスで出せるのですが、
それでも出来る限り、裏声で歌ったほうがいいと思います。

 

 

カラオケで裏声で歌う意味

地声でも出せる音域なら、チェストボイスの発声方法で歌えば
いいと思いますよね?
確かにチェストボイスでも問題ないんです。
ただ、歌って行くと「喚声点」という壁にぶつかります。

 

喚声点とは、声の出し方が切り替わる時の事を指すのですが、
わかりやすく言えば、チェストボイスで出せる音域から、
ミックスボイスで出せる音域に切り替わる時、
声の出し方や声質が変わりますよね?
その切り替わるポイントを「喚声点」と言います。

Sponsored Link

 

別の言い方をすれば、声区(レジスター)と呼ばれるものがあり、
レジスターは、チェストボイスのレジスターや
ミックスボイスのレジスターがあると考えると、
音域が上がったり下がったりするにつれて、
レジスターを切り替えないと行けないんです。

 

なので、スムーズに発声をするには、
出来るだけ喚声点を目立たせないようにする事。
つまり「裏声で歌う事」が必要です。
喚声点を目立たなくさせるには、音域を上げ下げするたびに
レジスターを切り替える必要があります。

 

ですが通常の高音は裏声で出せますよね。
そこに加えて「低い裏声」も出せるようになれば、
喚声点に関係なく、低音も高音も出せるようになります。

 

 

まずチェストボイスで出せる音域で声を出してみて、
そこからどんどん音域を上げて行くと、チェストボイスでは出せなく、
裏声でないと出せない音域のなりますよね。

この「チェストボイスと裏声が切り替わる点」が喚声点で、
全ての音域を裏声で出せるなら、自然と喚声点はなくなりますよね?

 

 

低い裏声で歌う練習

普通に出せる裏声の場合は、それなりに高いですよね。
でも、裏声を低く出すのはかなり大変です。

この「低い裏声」ですが、練習方法としては、
裏声を出して、だんだん低くして行く事です。

先ほど書いたものは、チェストボイスの音域からどんどん音域を上げ、
裏声になるという事ですよね。

音域を下から上に。
ここを「上から下に」と変えるだけです。

声のイメージとしては、EXILEのATSUSHIさんの歌声から、
響きをなくしたような声をイメージしてみるといいと思います。

裏声を低くして行き、最終的にはATSUSHIさんの低音の声質を
イメージして、練習してみて下さい。

または、EXILEのATSUSHIさんの声真似が出来るのなら、
その声の出し方のまま音域を上げて行くといいと思います。

低い裏声は、声帯に負担がかかりにくいです。
この声が出せるようになると喚声点もなくなりますし、
声帯に負担も少ないので、長いカラオケにも向いています。
練習しておいて損はないでしょう。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。