ファルセットとは?カラオケでの出し方と練習方法

カラオケで歌を歌う時に、必須の発声方法としては、
ファルセットがあると思います。
このファルセットとは、どんなものなのかを説明しますね。

 

ファルセットとは?

ファルセットとは、裏声の事です。

これは諸説あると思いますが、基本的にファルセットとは、
裏声全般の事を指します。

Sponsored Link

でもカラオケの場合は、息漏れの多い裏声をファルセットと
形容する事もありますし、定義がわかりませんよね。

 

まずファルセットとは、裏声全般と思っていただいてもいいと思います。
ファルセットの中で息漏れの少ない出し方については、
ヘッドボイスと呼ばれる事があります。
ヘッドボイスは、高音を出す時の発声方法ですね。

 

ファルセットとは裏声全般ですが、カラオケに関しては、

・息漏れの多い裏声
ファルセット

・息漏れの少なく芯がある裏声
ヘッドボイス

こう呼ばれる事が多いような気がします。
まあ、ファルセットとは裏声の事だと思って頂けるといいですね。

 

ファルセットの出し方は?

たぶん、ファルセットの出し方を教えるのは難しいです。
これは感覚的なものですから、出し方を教えるというよりは、
「出せるか出せないか?」になってきます。

Sponsored Link

ファルセットを出せない人はほとんどいないと思いますので、
出し方がわからない方が多いんだと思います。

 

ファルセットの教え方って「風って何色ですか?」みたいに、
答えは難しいと思います。

ファルセットを出す時は、喉の上側に息を通す感じです。
「息だけ出る溜め息」を、喉の上から鼻側に抜けさせる感じですね。
これだけだと難しいので、個人的にはものまねをお勧めします。

 

例えば、これらのものまねをしてみて下さい。

・レイザーラモンHGさん
「フォー!」

・ふなっしー
「ひゃっはー!」「○○なっしー!」

 

この2人の声は、ファルセットよりはヘッドボイスの出し方に近いです。
ですが、声の質としては裏声の質になるんです。

この2人の声の出し方をものまねすれば、ファルセットの出し方も
なんとなくわかると思います。

 

ファルセットの練習方法は?

ファルセットは、歌の練習において一番大切と言っても過言ではありません。

ファルセットを鍛える事によって、歌は確実にうまくなります。
歌のうまくなる方法としては「地声とファルセットのバランス」が
挙げられると思います。

 

でも、地声は話す時に出し慣れていますが、
ファルセットは出し慣れていない人が多いです。
なので、ファルセットはどんどん練習して下さい。

ファルセットの練習ですが、これはファルセットが出せれば簡単です。
その方法とはひたすらファルセットで歌う。これだけです。

 

例えば男性でしたら、女性の曲をひたすらファルセットで歌って下さい。
音域がわかれば、最高音がhiCかhiDあたりの曲がいいですね。

「男性ボーカルの曲でも高音ならいいのか?」となりますが、
男性ボーカル曲はサビ以外が低め(サビに比べれば)なので、
出来れば女性ボーカル曲が望ましいです。

歌ってみて高ければ、キーを下げるか、曲を変えるかしてみて下さい。
高すぎてファルセットがかすれるようでも、
とにかくその高さを出そうと頑張ってみて下さい。

 

女性の場合は、女性ボーカル曲のキーを+3前後に上げて、
ひたすらファルセットで歌ってみて下さい。
男性と同様、キーの調節や曲変更をしながら、
歌い続けてみるといいと思います。

 

裏声は、出さないと鍛えられません。
1曲を通して、ずっとファルセットで歌う事で、
かなり歌声も出し慣れると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。