ヘッドボイスとは?出し方と練習方法は?

カラオケで高音を歌う為に必要な発声方法で、
ヘッドボイスという声の出し方があります。

Sponsored Link

 

ファルセット(裏声)よりも高い音域の声を出せる発声方法で、
裏声よりもより地声に近い声が出せます。
地声というよりは、芯がある裏声というイメージでしょうか。

 

ただ単純に高音を出したい場合は、このヘッドボイスが特に有効です。
基本的には裏声の類の声質になりますので、高さもけっこう出るのが特長です。

 

ヘッドボイスの出し方は、こちらをご覧下さい。
まずはヘッドボイスとは何なのか?から解説します。

 

 

 

ヘッドボイスとは?

ヘッドボイスとは、頭声(とうせい)の事です。
頭声というとおり、声を頭に響かせる発声方法です。

 

カラオケで使う発声方法はいろいろとありますが、
ヘッドボイスはより高音域の歌声を発声出来ます。

Sponsored Link

 

ヘッドボイスさえ覚えれば、かなりの高音も出す事が出来ます。
裏声よりも高い声なので、恐らくは自分では出した事のない高音も
出せるのではないかと思います。

 

 

 

ヘッドボイスの出し方は?

ヘッドボイスは、裏声の一種です。

 

ファルセットが息漏れの多い裏声とした場合、
ヘッドボイスは息漏れの少ない、芯のある裏声です。

 

息漏れが少ない分、高さを出せるのがヘッドボイスです。
わかりやすくいうと、ファルセットは拡散させた裏声ですが、
ヘッドボイスは「集束させた裏声」です。

 

 

わかる人にはわかると思うのですが、
ファルセットはペガサス流星拳で、
ヘッドボイスはペガサス彗星拳だと思って下さい。

 

これがわかりづらければ、この感覚でわかるかも知れません。
ファルセットは広範囲の裏声というイメージです。
ヘッドボイスは範囲を絞った裏声というイメージです。
(ヘッドボイスのほうが声帯を締めます)

 

 

それではヘッドボイスの出し方です。

 

まず、裏声を出して下さい。
普通の、息漏れの多い裏声で大丈夫です。

 

このままだと、なんのへんてつもない裏声です。
なので、この裏声を「頭頂部に向かって」出します。

 

結局はヘッドボイスって、裏声を頭部で響かせた発声なんです。
だからヘッドボイス(頭声)というのですが。

 

 

頭頂部に向かって出す感覚ですが、
まず口を閉めて下さい。

 

次は、上あご、舌、下あごを完全にくっつけるように、
口の中に力を入れて下さい。
こうすると、声は口から出にくくなります。
(喉の前で舌が邪魔する形になるので)

 

この状態で裏声を出すと、自然と鼻のほうに声が抜けやすくなります。
これをさらに、眉間、頭頂部と意識して出してみて下さい。
こうすると、頭部に響きやすい裏声を出せると思います。

 

 

 

ヘッドボイスの出し方で必要なもの

ヘッドボイスを出すのに必要なものは、ぜんぶで3つあります。

 

・1つめ 裏声

・2つめ 響き(頭部で作ります)

・3つめ 声帯を締める事(喉を締めるのではなく、声帯です)

 

この3つは、ヘッドボイスを出すのに必要です。
ですが、個人的には「声帯を締める事」は、
意識をしなくてもいいんじゃないかなと思います。

 

 

裏声を出して頭頂部で響きを作ろうとすると、
声はかなり上側に出す事になります。
この時、声帯は自然と締まってくると思うんですよね。

 

この3つは、確かにヘッドボイスに必要です。
でも「裏声を出して頭部で響きを作る」というだけでも、
ヘッドボイスになるんです。

 

ここで「声帯も閉鎖」というと、理解しやすさという意味で、
なかなか難しくなります。

 

なのでまずは、ヘッドボイスを出すのに必要なものは、
「裏声・響き」でいいと思います。

 

これで思うように行かなければ、
「裏声・響き・声帯閉鎖」で考えてみて下さい。

 

たぶん「裏声・響き」だけでも、声帯はある程度締まると思うので、
まずはこの方法で発声してみて下さい。
どちらかの出し方で、ヘッドボイスの感覚が掴めると思います。

 

 

あとはですね、ゆるキャラの「ふなっしー」ですが、
ふなっしーの声全般が、ヘッドボイスに近い発声です。
(意外かもしれないですが)

 

ふなっしーの声も裏声の出し方です。「ひゃっはー!」なんて、
モロに「裏声を頭頂部側に出して響かせている声」です。

 

ふなっしーのものまねをすれば、ヘッドボイスの感覚も掴めると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。