綺麗な歌声の出し方は?地声ではない本当の歌声

歌を歌う時、綺麗な歌声を出したい方は多いと思います。
よく「エンジェルボイス」とか「ヒーリングボイス」などと言われているような声は、魅力的です。
男性でも、透きとおるような歌声を出せる人はいますが、これらの綺麗な歌声は、出し方があるんです。

Sponsored Link

綺麗な歌声の出し方というよりは、
歌声の基本とも言える部分です。

 

綺麗な声、つまり「透明感のある声」だったり、「響いていて心地よい声」のどちらかになると思うのですが、個人的にはどちらの声も、「綺麗な声」に入るのではないかと思います。

 

 

 

基本的な、正しい発声は?

綺麗な歌声の出し方の前に、正しい歌声の発声から。

まず歌を歌う時に、地声で歌っている人がいますよね。
わかりやすくいうと、話し声と同じ出し方で歌っている人ですね。
この出し方は、間違った発声です。

Sponsored Link

 

本当の歌声って、基本は裏声なんです。
ですが鼻腔共鳴などの「共鳴」が加わって、
裏声ではなくなっているんです。
(正確には、裏声に聴こえない裏声です)

 

この声の出し方なんですが、どういう出方なのかというと、
喉を脱力させて出している歌声なんです。

 

 

よくカラオケで、首に青筋たてて高音を発声している人がいますよね。
あの出し方とは間逆で、喉の力を抜いてリラックスして、
話し声とあまり変わらないくらいの声量で歌います。

 

声量があるように聴こえるのは、先ほど書いた「鼻腔共鳴」で、
声が響いているぶん、声量が出るんです。

 

なので綺麗な歌声の出し方としては、
「裏声・喉の脱力・少しの共鳴」という事です。

 

 

喉の力を抜いて裏声を出す事で、かなりの高音が出せるようになります。
ですがこのままだと普通の裏声なので、ちょっとの共鳴を足すと、
声量も出ますし、裏声にも芯が出て、普通の裏声とは違った声質の歌声が出ます。

 

それではこの「裏声・喉の脱力・少しの共鳴」を、
順番に説明します。

 

 

 

裏声・喉の脱力・少しの共鳴とは?

まず、裏声は普通の裏声ですよね。

 

次に喉の脱力ですが、あくびをしてみるといいです。
あくびは完全に喉の力が抜けているので、
このあくびの喉のフォームを覚えてみて下さい。

Sponsored Link

 

 

感覚としては、口腔内(口の中)のスペースを広げる感じです。
口の中で、小さな風船がどんどん膨らむイメージをしてみて下さい。
「舌と下あご」のスペースが狭くなって、
さらに「下あごと上あごのスペースが広くなる」という感覚です。

 

共鳴ですが、これは口腔内のスペースが広がっただけでも、
共鳴は自然と作れます。
それにプラスして、鼻腔共鳴という鼻のスペースを使った響きも、
加えて行くイメージです。

 

この鼻腔共鳴は、声を眉間や頭頂部から出るイメージで発声すれば、
鼻腔に響かせる事が出来ます。

 

 

このように「裏声・喉の脱力・少しの共鳴」を意識しながら、
話し声くらいの声量で歌います。

 

力で高音を出すのではなく、声量は話し声くらいで、
声を上に上にと出す感覚です。

 

 

裏声と喉の脱力で、綺麗な高音になります。
後は共鳴で「裏声に芯を作り、声量もあげる」という事です。

 

綺麗な歌声が出せない方は、口腔内のスペースが狭い人が多いです。
なので響きが少なく、歌声が潰れた感じになりやすいです。
喉の脱力を意識すると、だいぶ変わって来ると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。