歌がうまく聞こえる方法 語尾の発音は大事?

カラオケなどによく行く方は、「歌がうまく聞こえる方法」が気になるのではないでしょうか?
歌というのは、一朝一夕ですぐにうまくなるものでもないのですが、1つだけ、注意をして欲しい事があるんです。

気付いている人は少ないかも知れないですが、もし該当される方がいるなら、ここを直すだけで、歌がうまく聴こえるというコツ(というかポイント)があるんです。
それが「言葉の語尾」なんですよね。

Sponsored Link

これは、実際にご自分が歌っているところを録音なり録画なりして聴かないと、わからない事が多いです。
「自分は大丈夫」だと思っていても、聴いてみると意外と「あ・・・」という事もあるんです。
(歌全般、録音して聴かないとわからない事は多いですが)

この「言葉の語尾」に気をつける事で、聴こえ方もかなり変わってくるんです。

 

「語尾の発音」について

例えば、英語の歌詞のほうがわかりやすいのですが、「dream(ドリーム)」という歌詞があったとします。
この歌詞を伸ばして歌う時は「ドリーーーーーム」となります。
ですが意外と「ドリーーーーー」と歌ってしまっている方が多いんです。

Sponsored Link

これは織田哲郎さんの「いつまでも変わらぬ愛を」の歌詞の中で、「終わらないDaydream」という歌詞があります。
この最後の部分は「ドリーーーーム」というようなロングトーン(つまり、長く伸ばす部分)なのですが、最後の「ム」を発音するかどうかで、聴いている印象はかなり変わってくるんです。

・きちんと発音すると
「ドリーーーーム」

・きちんと発音しないと
「ドリーーーー」

 

他の歌でもそうなんですが、ロングトーンの後にまだ歌詞がある場合は、発音をしてみて下さい。
例えば「love」という歌詞があったとしても「ラーーーーブ」と発音したほうがいいですね。「ラーーーー」にならないようにしてみて下さい。

 

実際に好きな歌手の歌を聴いてみて下さい。
語尾の発音は、小さめにでも発音している事が多いと思います。
これは、良く聴いてみるとわかると思います。

英語の歌詞だけではなく、日本語の歌詞だったとしても、語尾の発音には気をつけてみて下さい。
特にロングトーンで息が続かないと「ドリーーー」のように、途中で発声をやめてしまう場合が多いんです。

歌がうまくなっても、語尾の発声をしっかりしていないと、聴こえ方もうまく聴こえません。
この点に気をつけるようにしてみて下さい。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。