鼻腔共鳴の感覚やコツは?練習方法は?

カラオケでは、歌がうまく聴こえるように、「鼻腔共鳴」というテクニックがあります。
歌手の方なら、みんな使っているようなテクニックですね。

Sponsored Link

まず鼻腔共鳴とは何なのか、という事から説明します。

 

鼻腔共鳴とは?

鼻腔共鳴とは、「鼻腔」で「共鳴」させる事です。
鼻腔とは鼻の穴から喉の間までの空洞の事です。
ここに声を入れて反射させる事で、響いた心地よい声にする事が出来ます。

まず、普通に声を出す時は、声の通り道は「喉から口」です。
それでは、鼻腔に声は通らないんですよね。

 

鼻腔の空洞は「口の上」や「喉の上」にあります。
つまり、意識して声を上部に出さないと、
なかなか鼻腔共鳴にはなりません。

 

 

鼻腔共鳴させた声は響きが伴う声になりますが、
高音を出す方法というわけではありません。

 

他に発声方法として「ミックスボイス」というものがありますが、
ミックスボイスの発声時にも、鼻腔共鳴をすると良い歌声になります。

Sponsored Link

 

ということで、「鼻腔共鳴は、歌唱時には常に使う」と言っても過言ではありません。
たまにですが、鼻腔共鳴を出来る人がわざと「共鳴をさせないで歌う」ということはありますね。

 

 

 

鼻腔共鳴の感覚やコツは?

鼻腔共鳴の感覚ですが、鼻に響かせるという事は、
鼻の頭も響きます。

 

実際に指で鼻の頭を触ってみると、ビリビリ振動しているのが
わかるんじゃないかなと思います。

 

鼻に響くという事は、頭部にも響きやすいので、
顔の上半分が響くような感覚になります。

 

 

それでは鼻腔共鳴のコツですが、
ハミングをする事がおすすめです。

 

ハミングはわかりやすくいうと鼻歌みたいなもので、
口を閉じて「ふふふーん」みたいなものですね。

 

 

基本、ハミングは口を閉じて行ないます。
なので、声は口から出にくく、鼻腔を通りやすくなります。

 

ハミングすると、声は鼻から出る感覚になりやすいですが、
これを徐々に「眉間~頭頂部」と変えて行きます。

 

 

結局は喉から出る声を眉間から出しても、頭頂部から出しても、
鼻腔共鳴にはなるんです。
(口より上側に声が出れば、どのみち声は鼻腔を通ります)

 

あとは自然と声が鼻腔で響き、共鳴になります。
これが鼻腔共鳴です。

 

 

 

 

鼻腔共鳴の練習方法

それでは、鼻腔共鳴の練習方法です。

 

1・「上あご・舌・下あご」を完全にくっつけます。
こうすると喉の前に舌が来るので、声は口から出にくくなります。

 

2・この状態で、普通に声を出してみて下さい。
舌が上がっているので、鼻から声が出る感覚になると思います。
(ならなければ、意識して鼻から声を出す感覚で)

 

3・この声の出し方で、鼻の頭を触ってみて下さい。
ビリビリとした感触があれば、鼻腔共鳴は出来ています。

 

4・このままだと「鼻腔共鳴が出来ているだけ」です。
声を眉間から出すイメージで出してみたり、
頭頂部から出すイメージで出してみて下さい。
(鼻・眉間・頭頂部どこから出る感覚でも、鼻腔共鳴になります)

 

5・いろいろな出し方で鼻腔共鳴させてみて下さい。
「声を出す場所」や「声を出す強さ」で、
共鳴の仕方が変わるのがわかると思います。

 

 

この練習方法で、いろいろな鼻腔共鳴に慣れると思います。
ですが、まだ口は閉じたままですよね?

 

鼻腔共鳴がわかった後で、その声を出しながら口を開けてみて下さい。
(舌なども普通の状態に戻して下さい)

 

これで、鼻腔共鳴しながらの歌声がわかりますよね?
うまく響かせると声量も自然と出るので、
カラオケではマイクがなくても、相当な声量が出せます。

 

 

大事なのは「息の強さではなく、共鳴で声量が出ている事」です。
息を強くしても意味はないので、話し声くらいの声量で構いません。
それでも声量はかなり出るはずです。

 

鼻腔共鳴の練習は、先ほどの1~5番を、
口を閉じたままやってみて下さい。
(口を閉じたほうが、響き具合がわかりやすいです)

 

鼻腔共鳴の感覚が掴めたら、実際に口を開けて、
歌いながら共鳴させてみるといいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。