鼻腔共鳴で低音を出す場合の方法はどうすればいいのか?

カラオケで歌う時には、鼻腔共鳴は必要ですよね。

ですが、基本的に鼻腔共鳴は、鼻より上に声を通す感覚になります。
そうなると、自然と出した声って高めになりがちですよね。

鼻腔共鳴で低音を出すのは、それほど難しくはないと思いますが、どうしても声は、高くなりがちになってしまうんです。

Sponsored Link

初めて鼻腔共鳴をする方は、いつもよりも高い位置で声を作る(声を出す)ので、高めの声が出がちになり、そのまま低音を出すと、鼻腔共鳴にならない声になってしまう方も多いんです。

どうやら、「鼻より上から声を出す事」と「低音を鼻から上に出す事」が、繋がらないみたいですね。
確かに世間一般的には、高い声は上側に出し、低い声は下側に出すようなイメージが定着してしまっている事も大きいと思います。

 

ですが、簡単に鼻腔共鳴で低音を出すコツがあります。
それには、この方法を使う必要があります。
鼻腔共鳴ができない人でも強制的に鼻腔共鳴させる方法
この方法は、誰でも鼻腔共鳴が簡単に出来る方法です。
まずはこの鼻腔共鳴のやり方をマスターしてみて下さい。
そして、マスターされたら次のステップがあります。

鼻腔共鳴で低音を簡単に出す方法

先ほどのリンク先で、鼻腔共鳴は簡単に出せたと思います。
あの方法は、鼻からしか声が出ないようにする方法なので、感覚はすぐに掴めると思います。

Sponsored Link

そして、鼻腔共鳴で低音を出す方法とは、
「舌根を上あごと下あごで挟みこんだ状態で、低音を出す」というものです。

舌根を上あごと下あごで挟めば、声は鼻からしか出てこないようになります。
つまり、その状態で声を出せば、高音だろうが低音だろうが、強制的に鼻腔共鳴された声になるんです。

 

普通に声を出しただけで、出した声は鼻腔を通り共鳴され、鼻から抜けて行きます。
そのままの状態で高音を出せば、「鼻腔共鳴された高音」になりますし、そのままの状態で低音を出せば「鼻腔共鳴された低音」になります。
ただ、これは「口を閉じている状態限定」での話なので、口を開けて鼻腔共鳴の低音が出せるようにならないといけません。

 

それには、この方法がいいかと思います。

1・「舌根を上あごと下あごで挟む方法」で、低音を出してみる
(詳しくはリンク先に書いてあります)
鼻腔共鳴ができない人でも強制的に鼻腔共鳴させる方法

2・そのまま声を出し続け、鼻の頭を触って、振動を確かめてみる

3・今度は口を開けて低音を出してみる。
鼻の頭を触って、先ほどと同じくらいの振動があるかどうか確認してみて下さい。

 

基本的に、鼻腔共鳴出来ているかどうかは、
鼻の頭を触ってみればわかります。

普通に声を出している時はあまり振動はわからないと思いますが、鼻腔共鳴が出来ていれば、鼻の頭がビリビリと振動します。
これは、それぞれの声を交互に出してみて下さい。
何回かやってみると、わかるかと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。