鼻腔共鳴が出来ない時のトレーニングと確認方法は?

カラオケでは、鼻腔共鳴(びくうきょうめい)という歌い方があります。
鼻腔共鳴の効果は、歌声に響きを与えて、いい声で歌えるといったものですね。

やっぱり歌うなら、普通の声で歌うよりも、響いていていい声で歌った方が、かっこいいですよね。
歌に関しては男性でも女性でも、いい声で歌う方がかっこいいです。

Sponsored Link

そして、鼻腔共鳴が出来ない方も多いようなので、トレーニングをして鼻腔共鳴を身につける必要があります。
慣れてしまえば、それほどは難しくはないと思います。

 

鼻腔共鳴が出来ない方用のトレーニング方法

まず最初に、鼻腔共鳴は、鼻腔(鼻の空洞)に声を入れて響かせる歌い方です。
普通に話している時に、実は鼻腔共鳴になっている人もいるのですが、話し声と歌声は別物です。

なので、話している時は響いている声でも、歌っている時は響いていないという方もいらっしゃいます。
その逆も、もちろんいらっしゃると思います。
今回は、とりあえず歌う時に鼻腔共鳴で声を響かせる方法として、書いていこうかなと思います。

まず鼻腔共鳴には、特別な才能などはいっさい必要ありません。
「難しい方法なのか?」と思う方も多いと思いますが、鼻腔共鳴の仕方は驚くほど簡単です。
要は、「知っているか知らないか」だけの違いです。

Sponsored Link

これは「鼻腔共鳴そのものは簡単」という話で、響きを強くしたいとか、どこでどう響かせるとかを考えると、簡単ではないと思いますが、ただ単純に鼻腔共鳴をさせるだけなら、ものの数分で出来ると思います。
最初はコツを掴むまでに時間がかかるかと思いますが、コツさえわかれば、鼻腔共鳴は出来ますね。

こちらに、詳しくまとめてありますので、見てみて下さい。
この方法は「鼻腔共鳴の仕方」というよりは「勝手に鼻腔共鳴になる方法」なので、何回か反復してトレーニングをしてみて下さい。
鼻腔共鳴ができない人でも強制的に鼻腔共鳴させる方法

 

 

鼻腔共鳴だけではないですが、歌は「コツを掴めば出来るようになる」というものは多いです。
ミックスボイスも、コツを掴むまではかなり時間がかかると思いますが、コツを掴んで慣れれば、マスターする事が出来ます。

「最初は泳げなくても、泳ぎ方を覚えれば忘れる事はない」
というのに似ています。

「鼻腔共鳴」って難しく考えてしまいがちですが、要は
「声を、鼻腔に通る方向で出すだけ」なんです。
その方向とは、鼻、眉間、おでこから声を出すような感じですね。

 

普通に話している時は、声って「喉から口に向かって出るだけ」ですが、それを「喉から眉間」などのイメージですね。
単純に、声を出す方向を意識するだけで、かなり変わるんです。

眉間やおでこの前に風船があるとします。
そして、自分の歌声が衝撃波だと仮定します。

声を口から出していると、衝撃波で風船は割れません。
でも「眉間やおでこの方向に声を出す事」で、風船を割る事が出来ます。

 

このイメージなんです。難しい事ではないんです。
後は、声を出しながら鼻のてっぺんを触ってみるだけです。
そこが響いていれば、鼻腔共鳴は出来ています。

両手で顔を覆って、声を出してみて下さい。
顔全体が振動しているはずです。
(口を閉じて声を出せば、口の中まで響いているのがわかると思います)

歌う時にも、眉間の前にある風船を衝撃波で割るイメージで声を出すだけです。
このイメージがわかれば、鼻腔共鳴のいい声で歌えると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。