鼻腔共鳴のコツと、共鳴出来ているかの確認方法

鼻腔共鳴は、歌唱時には必ず必要になります。
ただ普通の発声とは違うので、慣れないとうまくは発声出来ません。

鼻腔共鳴はコツを覚えればそれほど難しくないですが、
コツがわかっても「本当に鼻腔共鳴になっているのかな?」と、
不安になってしまうと思います。

そこで、鼻腔共鳴のコツや、出来ているかどうかの確認方法を
覚えておきましょう。

 

鼻腔共鳴のコツ

鼻腔共鳴はそのまま「鼻腔を使って声を共鳴させる事」です。
鼻腔とは、鼻の穴から喉までの空洞の事なんですが、
ここに声を当てる事で声が響きます。

Sponsored Link

響く事で良い声になりますので、具体的に言えば、
「鼻腔の声を当てて共鳴させる」という事です。

 

例えば口の中の、「喉から口まで」だと、
鼻腔は一切通りません。
(要するに、水を飲んだ時に口から水が入り、喉に届くまで)

「口腔共鳴」という、口の中で共鳴させる方法もあるのですが、
今回は鼻腔共鳴の説明なので割愛します。
(口腔共鳴は「こうくうきょうめい」と読みます)

 

そして、いま説明した口腔。
この真上に、鼻腔があるんです。

Sponsored Link

考えて頂ければわかるのですが、口腔のすぐ上は、
鼻腔が通っているんです。
つまり、声を上に出しただけで、大なり小なり鼻腔共鳴になるんです。

 

普通に声を出すと鼻腔共鳴にはなりにくいですが、
声を口腔より上に出せば、鼻腔共鳴になります。
つまり「口から声が出なくすればいい」んです。

これは「舌根(ぜっこん)を上げる」という方法があるのですが、
舌の根元を上あごまで持ち上げれば、
声の通り道は鼻に抜けやすくなる(鼻腔共鳴しやすくなる)んです。

 

この舌根をあげる方法ですが、舌根を上げるというよりは、
「上あごと下あごで舌を挟む」という感覚がいいと思います。

思いっきり力を入れなくてもいいので、
舌を上下から挟んでみて下さい。
(焦って舌を噛まないようにして下さい)

 

こうすると、口腔内にスペースがなくなります。
この状態で声を出せば、かなり鼻から声が出やすくなります。
(つまり、鼻腔共鳴しやすくなります)

口腔が開いている時は、そこから声が出やすいので、
舌根を上げて声を出してみましょう。
この時の声は「んー」がいいと思います。

 

鼻腔共鳴が出来ているかどうかの確認方法

鼻腔共鳴が確認出来ているかどうか?なのですが、
ここは簡単に確認出来る方法が2つあります。

1・鼻の頭を触ってみる

2・耳をふさいでみる

 

鼻の頭を触って、ビリビリとした振動があれば、
鼻腔共鳴出来ています。

普通に話している時と、鼻腔共鳴している時の声をそれぞれ出し、
鼻の頭を触ってみて下さい。
違いがわかると思います。

 

もう1つの確認方法は、耳をふさぐ事です。
自分の両耳をふさいで、口を開けて声を出している時と、
先ほど書いた舌根を上げた「んー」という声を出してみて下さい。

耳をふさいでいる状態で鼻腔共鳴が出来ていれば、
頭の中全体が振動で震えているのがわかりやすいと思います。

 

また、鼻の頭を触りながら両耳をふさぐ事は、
1人では出来ません。
(腕が3本必要になりますから)

なので、おすすめの確認方法としては、
耳栓か、カナル型イヤホンがいいと思います。

 

耳栓かカナル型イヤホンどちらかをした状態で、
片手で鼻の頭を触ります。

これで「普通に声を出している時」と「舌根を上げた時」の声で、
共鳴の具合を確認してみて下さい。

指で感じる感触と、耳で感じる共鳴の両方で判断出来るので、
鼻腔共鳴出来ているのかどうかがわかりやすいです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。