音痴を直す方法 克服方法やトレーニングは?

カラオケに行く時、音痴だとつらいですよね。
大人数でカラオケに行った時に歌がうまい人がいると、
それだけで音痴って目立ちます。

なので、音痴だと悩んでいる人は、直す為のトレーニングや、
克服する必要があると思います。

 

そもそも音痴とは?

それではどんな人が音痴になるのかというと、
歌っている時に音程が取れない人ですよね。

Sponsored Link

音程がバラバラだと、やっぱり音痴に聴こえます。
でも、もともと音痴な人って、あんまりいないんですよね。

「自分の歌声を意識して聴く」という行動を取れば、音痴かどうかは判別出来ると思いますが、自分で「音痴なんだよな~」という自覚症状があれば、音痴は矯正出来ます。
(自分で音痴だと気付いていない人は難しいのですが)

 

それではなぜ音痴に聴こえるのかというと、

1・歌う曲の音程を完全に把握していない

2・自分の音域では出ない歌を歌っている

 

まず「歌う曲の音程を完全に把握していない」ですが、
例えば2~3回聴いただけの歌を歌う場合に起こり得ます。

 

要するに、歌う曲の音程をうろ覚えなので、
その歌を歌う時に、正確な音程が取れないんです。

Sponsored Link

「音程どのくらいだったっけな?」と考えながら歌うので、
ピッチもずれやすいです。
この場合は、ピッチが遅くなる事が多いですね。

なので、しっかりと音程を覚えて、再度歌ってみて下さい。
きちんと覚えていないと、音程が狂って音痴に聴こえます。

 

もう1つの原因としては、「自分の音域では出ない歌を歌っている」と
いう場合に音痴になりやすくなります。

こういう方って、サビ以外の部分は音程をけっこう合わせられるのですが、
サビになって高音が出てくると、そこの音を出そうと思って、
音程から外れる事が多くなります。

高い声を出そうと無理をするので、声も安定しなくなり、
「普段は問題なく出せる音程でも、音程がずれる」という、
負のスパイラルに陥ります。

 

なので、しっかりと自分が歌える音域を歌をチョイスして、
その歌の音程をしっかりと覚えていれば、
音痴ではなくなる人が多いんです。

もしこの通りにしても音痴だと感じる場合は、
音程をしっかりと捉えるトレーニングが必要になります。

 

音痴を直す為のトレーニング方法

音痴を直す為には、しっかりとカラオケの音を聴きながら、
自分の出している声も聴く必要があります。

この場合のトレーニングとしては、
片耳をふさぎながら歌う方法がおすすめです。

 

この状態で、片方の耳でカラオケの音を聴き、
もう片方の耳で自分の声を聴くんです。

カラオケで音痴な人って、この両方が出来ていない人が
多いんじゃないかなと思います。
両方を同時に聴く事で、音程も合わせやすくなるんです。

片耳をふさいで歌うだけなので、特別な機器などは必要ないですし、
まあ出来れば、声を録音する機器はあったほうがいいです。
(スマホの録音機能はけっこう音質がいいです)

 

他にも、バケツをかぶりながら歌う方法もあるのですが、
これは自宅で練習する人向けですね。
(カラオケでバケツかぶってたら怖いですからね)

このバケツを使った方法もいいのですが、
個人的には片耳をふさぐ方法のほうが、カラオケの音も自分の声も聴けて、
いいんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。