ミックスボイスとは?感覚はどうなっているのかを解説

カラオケで高音を出す時に使う発声方法の中に、
ミックスボイスというものがあります。

ミックスボイスの発声はかなりの高音まで出せるようになりますし、
喉への負担も少なく、カラオケで長時間歌う事も出来るようになります。
(基本的には、声が枯れにくい発声です)

Sponsored Link

このミックスボイスですが、まずはどのようなものかわからないと、
発声も出来ないですよね?

なので、最初に「ミックスボイスとはどのようなものか?」を
理解して行きましょう。

 

ミックスボイスとは?

ミックスボイスとは、カラオケなどで歌う時に、
高音域の発声が出来る方法です。

「プロなら全員がミックスボイスを使える」とも言われていて、
プロではない人も、ミックスボイスを習得したいと考えている人は
かなり多いようです。

Sponsored Link

ミックスボイスですが、世間一般的に言われている事は、
「地声と裏声を混ぜた発声」と言われています。

 

ですが、個人的にはミックスボイスというものは、
地声に聴こえる裏声だと思っています。

なので、地声と裏声をどうやって混ぜるのか?とか、
地声と裏声を半分ずつだすのか?という事ではないと思います。

 

例えば裏声は、基本的には息漏れは多いですよね。
だから響きはありません。

地声の場合は、いろいろな方法で響かせる事が出来ます。
例えば歌手のささきいさおさんは、宇宙戦艦ヤマトの主題歌を歌っています。
キーは低いですが、かなり響く声ですよね。

 

「裏声は響かない」「地声は響く」という事になるのですが、
「裏声を響かせる」というのが、ミックスボイスだと思っています。

「プロの歌手の方は高い地声で歌っている」と思っていても、
それはミックスボイスの可能性が高いです。

きっと、歌っている本人は裏声の感覚で歌っていて、
聴いている側にすれば、地声で歌っているように聴こえるんです。
(ここは大事です)

 

なので歌う時、プロじゃない人は地声で高い声を出しがちです。
張り上げ声で歌う人ですよね。

厄介な事に、この発声でも歌いこめば、高い声を発声出来るんです。
ただこれは喉や声帯にかなりの負担がかかりますし、
そもそもミックスボイスではないので、
「張り上げミックス」と呼ばれる事が多いです。

・張り上げミックス=ミックスボイスではない、無理して出した地声の高音

という事ですね。

 

それでは、ミックスボイスとはどんな感覚なのかというと、
間違いなく裏声だと思います。

中には無意識にミックスボイスを出せる人もいるのですが、
そういう人を「天然ミックスボイス」と呼ぶ事が多いです。

 

天然ミックスボイスは、特に練習しなくてもミックスボイスを出せる、
生まれつきの資質だと思います。
ですが多くの人は、練習をしないとミックスボイスの発声が出来ません。

 

ミックスボイスの発声ですが、どんな感覚なのかというと、

・裏声を出して、響きを加えて地声のように変化させる

・声帯のフォームは裏声と同じで、出す声は地声

 

このどちらかが、合っているんじゃないかって思います。
まあ、発声は感覚なので、人によっては違う見解の人も
いるとは思います。

ミックスボイスを出せるようになるには、裏声の強化が必要です。
裏声を出しなれていないと、なかなかミックスボイスまで到達しません。
なのでまずは、裏声の強化から始めて行くといいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。