ミックスボイスの出し方 練習方法や感覚・コツがこれでわかる!

カラオケで、高音で歌えるとかっこいいですよね。
発声方法は何種類かあるのですが、その中でも高音を出す為に使う
「ミックスボイス」という発声方法があります。

Sponsored Link

 

ミックスボイスとは?

今まではミックスボイスを出したくて、いろいろなサイトや動画(youtubeなど)も
見たのですが、それでも感覚やコツがぜんぜんわかりませんでした。

ですがようやく・・・ようやくミックスボイスのコツを掴み、
実際にミックスボイスを出す事に成功しました。
一応、順番に解説をして行こうと思います。

 

ミックスボイスは感覚的なものなので、実は伝える方法は難しいです。
ですが、この方法で確実にミックスボイスには近づくと思います。

まずミックスボイスとは、歌う時の声の出し方(発声方法)です。
プロの歌手でミックスボイスを使っている人はとても多くて、
ラルクのhydeさん、B’zの稲葉浩志さん、西川貴教さんなどが
使っている発声方法です。

Sponsored Link

こう書くとわかると思いますが、歌う時に高音が特徴的な歌手ばかりですよね。
ミックスボイスは、高音を出す事がメインになります。

 

発声には胸声(チェストボイス)と呼ばれるものや、ファルセット(裏声)と
呼ばれるものがあります。
ミックスボイスとは、チェストボイスとファルセットを混ぜた声になります。

 

正確には混ざっている訳ではないのですが、声がチェストボイスとファルセットを
混ぜたような声に聴こえるので、この2つをミックスしたような声、
つまり「ミックスボイス」と呼ばれています。
また、ミックスボイスは「ミドルボイス」とも呼ばれています。

 

 

 

ミックスボイスの正体

ミックスボイスとは、裏声の一種です。
一応、きちんとミックスボイスを出す為には、こういった知識も必要なので、
まずは読んでみて下さい。

 

まず裏声は、声帯を広げて出します。
ですがこのままでは、息漏れが多い声になります。

 

息漏れが多い声なので、1曲をずっと裏声で歌った場合、地声で歌うよりも
息が持たないと思います。

 

 

次に、ミックスボイスは響きがあるような声質になります。
これは、鼻腔共鳴(びくうきょうめい・びこうきょうめい)を使っているからです。
(読み方はどちらでも正解のようです)

 

鼻腔共鳴とは、鼻の奥のほうにある空洞に音を反響させる事です。
鼻と喉は繋がっていますが、喉から見れば上のほうになり、
鼻から見れば鼻の奥のほうになります。

この空洞に息を当てて、反射させて増幅させるイメージですね。
具体的には後で説明します。

 

 

つまりミックスボイスの正体とは、
声帯を締めて出した裏声を鼻腔共鳴で響かせた声の出し方です。

 

まあ、ミックスボイスは感覚的なものなので、これとは違った見解をする方も
多いかも知れません。
ですが自分では、このような感じだと捉えています。

 

言葉で書くと難しいですが、いったんコツを掴むと、それほど難しくないですね。
「感覚やコツを掴む」のが、ミックスボイスの出し方でいちばん難しい点です。

 

 

 

ミックスボイスの出し方 感覚とコツ

それでは、いよいよミックスボイスの出し方を解説して行きます。
文章で書くと長くなりますが、この順番通りにやってみて下さい。

 

1・腹式呼吸をマスターする

腹式呼吸というと難しいですが、要は強い声を出す為に、
横隔膜を支えます。

横隔膜はあばら骨の部分にあります。
みぞおちやあばら骨があるあたりですね。

 

 

腹式呼吸で、おへそまわりに力を入れる人がいると思いますが、
この横隔膜の辺りに軽く力を入れて下さい。
(自然とおへそまわりにも、ちょっと力が入ると思います)

歌う時は、この状態をキープします。

Sponsored Link

 

 

 

2・裏声をマスターする

すでに裏声が出せる人は、この部分は飛ばして下さい。
裏声を出すには、喉をリラックスさせる必要があります。
決して、喉まわりに力を入れないで下さい。

 

そのままの状態で、地声で声を出して下さい。
その声を、徐々に高くして行ってみて下さい。

 

「ドレミファソラシド」のように段階で音程を上げてもいいですし、
音程は関係なく、徐々に上げていってもいいです。
どちらのやり方が合うのかわからないので、どちらでもやってみて下さい。
「階段のように上げるか?」「スロープ(坂道など)のように上げるか?」の違いです。

 

音程が上がりながら息をずっと吐き続けた時、ある高さで声が自然と
裏返る瞬間があると思います。その感覚を忘れないでみて下さい。

 

 

 

 

3・ハミングで鼻腔共鳴の感覚を掴む

ハミングとは、口を閉じて声を出す事です。
鼻歌というとわかりやすいかも知れません。

まずは口を閉じて、普通に話す時の息の流れで地声を出してみて下さい。
「普通に話す時の息の流れ」とは、喉から出た声をそのまま口から出すだけですね。
なので、話し声くらいの低さの声です。

 

 

次に、そのまま口を閉じた状態で、今度は声を頭のてっぺんから出す
イメージで出してみて下さい。

 

これには、ある程度の声量が必要だと思います。
「1」で話した腹式呼吸の方法で、しっかりと強い声を出して下さい。
ここは、話し声よりも高く強くなります。

 

「頭のてっぺんから出す」のイメージがわかりづらいかも知れませんが、
さっきまでの方法だと、声も息も口の方向に流れて行きます。
これが、喉から鼻の奥(鼻腔)へ抜け、さらに頭頂部へ抜けるイメージです。

 

 

感覚としては口を閉じたまま、強くて高めの声を頭頂部から出すイメージです。
声も息も口の方向ではなく、鼻や頭頂部に抜けて行くと思います。

 

口が閉じているので、息は鼻に流れて行きます。
その時、鼻の奥が響いている感覚がわかると思います。

 

この感覚です!
まずはこの「鼻腔で声が響いているイメージ」を掴んで下さい。
何回かやれば、絶対に声は上側に抜けて行きます。

 

 

 

4・鼻腔共鳴で声を出してみる

先ほどの「鼻の奥で声が響いている感覚」がわかれば、
後はミックスボイスまであと一歩です。

 

まずは先ほどの要領で、口を閉じたまま強い声を頭上に出してみて下さい。
声を4秒間出せるとしたら、最初の2秒は口を閉じて声を出します。

 

残り2秒で、口を大きく開けてみて下さい。
すると・・・

 

今までに感じた事がないような、響く声が出せると思います。
響いていて強い歌声。これがミックスボイスの一歩手前の声です!

 

 

出来なくても、何回もやってみて下さい。
強い声で頭へ抜ける声が出せている状態なら、口を開けるだけです。
今まで閉じていた口の中でこもっていた声が、口を開ける事で一気に
前側に声が伸びていくのが実感出来ると思います。

 

 

口を閉じて声を出しているので、発音としては、

 

・口を閉じている時
「ん~」という声

・口を開けた時
「あぁ~」「まぁ~」という声

 

なので、発音のイメージとしては「ん~あぁ~」か「ん~まぁ~」の
どちらかを意識するといいかも知れません。

 

 

 

5・いよいよミックスボイスへ!

ミックスボイスの正体とは、
「声帯を締めて出した裏声を鼻腔共鳴で響かせた声の出し方」です。

 

「4の」時点で、実は裏声以外の部分はほとんど完成しているんです。
もう鼻腔共鳴のコツは掴んでいると思いますし、この時に出した強くて高い声は、
声帯をある程度締めないと出せません。
(声を頭上に出すと、ある程度は自然に声帯が締まります)

 

 

で、あと1つだけミックスボイスを出すコツがあります。
それは声帯は締めて、喉は開く事です。
声帯と喉は、似ているようで違うんです。

 

簡単に言うと、喉は口蓋垂(こうとうがい)という、鏡などで見える喉の奥部分で、
声帯は喉のもっと奥で、普通には見えません。

 

 

では、ミックスボイスについてまとめます。

・裏声を鼻腔共鳴させる

・喉(口蓋垂)を開く

・声帯は締める

 

この3つを揃って出した時、ミックスボイスが完成します。
現時点で出来るのは「裏声を鼻腔共鳴させる」ですよね。
あとの2つの方法も、解説して行きます。

 

まず「口蓋垂を開く」ですが、まず鏡を使って、自分の喉を見て下さい。
そのままの状態で「あくびをしてみて下さい。
口蓋垂が奥側に傾き、喉の奥が広がっているのがわかると思います。
つまり、あくびをした時の喉の開き方を、感覚的に憶えて下さい。

 

 

次に「声帯は締める」です。
声を出さない状態で、息を長く「はぁ~」と吐いて下さい。
(ため息に近いイメージですね)

 

その時、途中で息を止めて下さい。
ゆっくり止めるのではなく「ンッ!」という感じで、強く止めてみて下さい。
声帯のある場所が、きゅっと締まったのがわかると思います。
わからなければ、何回かやってみて下さい。
喉仏の奥のほうで、声帯が締まっているのが感覚的にわかると思います。

 

 

この3つを同時に出せば、ミックスボイスになるはずです。
まずは地声で、鼻腔共鳴をさせてみて下さい。
まあ、これだけでも響く声になっているはずです。

 

あとは個人差がありますが「あくびをして声帯を締める」か、
「声帯を締めてからあくび」をしてみて下さい。

 

あくびの時の喉が出来ていれば、声帯はちょっと締まっているくらいでいいです。
「閉まる」ではなく「締まる」ですね。
完全に閉じるのではなく、平常時から比べると締まっているくらいの感覚で大丈夫です。

 

 

自分の中では「あくびをして声帯を締める」のほうがやりやすいです。
この時点で、口は大きく開いていますね。

 

この状態で裏声を鼻腔共鳴させれば、ミックスボイスになっているはずです。
響くような声で、裏声の出し方をしているのに地声のような声が。

 

もしこの方法でミックスボイスが出なければ、裏声からミックスボイスに
変化させる方法でやってみて下さい。

 

 

裏声からミックスボイスに変化させる方法

基本的には裏声もミックスボイスも、出し方は一緒です。

 

裏声の場合は声は前に出ているけれど、息の流れは後頭部です。
裏声を出しながら、後頭部付近に注意していると、息の流れが後頭部から
頭上へ抜けているのがわかると思います。

 

ミックスボイスは、息の流れが鼻の奥(鼻腔共鳴)ですね。
つまり、裏声の状態で息の流れ(響き)を鼻まで持って行き、鼻腔共鳴させます。

 

 

感覚としては、裏声を出した状態で声を頭頂部へ抜けさせます。
前述したのは、ハミング状態(口を閉じて息を頭上へ抜く)にしたままで、
口を開けましたよね?
ここの口の開き方をあくびの要領で開けるんです。

 

 

ゆっくり解説すると、

1・口を閉じて裏声を出す

2・裏声の息を頭頂部から抜けさせる(鼻腔共鳴)

3・口をあくびの要領で開ける

 

こういう感じですね。
ハミング状態で頭頂部から息を抜いている時は、声帯は自然にちょっと締まります。
なので、この時は声帯は完全に無視して大丈夫です。

 

 

ここで1つポイントです。
あくびは、息を吸った時に口蓋垂が奥に傾きます。
このまま息を吐いた時、口蓋垂が開いたままで息が前に出ると思います。

なので、あくびの時の口蓋垂に注目して下さい。
何度も鏡を見て下さい。

 

あくびをすると口蓋垂が開きます。
この時は息を吸っているので、この状態では歌う事は不可能です。

あくびの続きで息を吐くと「口蓋垂が元に戻り、喉の奥は開いた状態」
なっていると思います。
息を吐く=声が出せるので、この状態をしっかりとマスターして下さい。

 

 

長くなりましたが、これでミックスボイスが出せるはずです。
地声で息の流れを頭上に抜けさせるだけで、ミックスボイスではないのですが、
かなり響きのある良い声が出ると思います。

 

感覚としては、裏声と同じ息の量なのに、ミックスボイスに変化させると
声量が上がった感じに聴こえますよね。
これは、鼻腔共鳴で声が響いて音波状の声になる為です。

 

音波のような声なので、響いていて遠くまで届くようになるので、
声量が自然と上がるんです。

なので「裏声からミックスボイスの変化」を同じ声量でやってみて、
声量が上がればミックスボイスになっているし、声量が変わらなければ
裏声から地声に変化してしまっているんだと思います。

 

 

ミックスボイスは感覚なので、コツを掴めばいきなり出来る人もいます。
時間がかかる人も当然います。
ですが恐らく、この方法でミックスボイスは出せるはずです。
出せなくても、ミックスボイスにかなり近づくのは間違いありません。

 

感覚やコツが掴めないうちは大変だと思いますが、
少しずつでもいいので、頑張ってミックスボイスを練習してみて下さい。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。