喉を開くコツや感覚 練習方法は?

カラオケなどで歌う時、意外と重要なのが「喉を開く事」です。
ただ、なぜ喉を開く必要があるのか?とか、どうやったら喉を開く事が出来るのかを知らない人は多いです。

それではまずは、喉を開く必要性についてです。

 

喉を開く理由や意味は?

まずカラオケで、喉を開く場合と喉を開かない場合で比べると、
喉を開かない歌い方だと、声がこもりやすくなります。
聴き心地が悪い歌声というとわかりやすいと思います。

Sponsored Link

喉を開く歌い方の場合は、口腔(口の中の空洞)に声が響き、
一般的に「良い声」だという印象が強いです。

 

そもそも、歌う時の基本は喉を開く事です。
中には開かないほうが、個性のある声だという可能性もありますが、
出来ればどちらの発声も出来るようになって、
自分で好きな出し方をすればいいと思います。

 

喉を開くコツと感覚

これはあちこちで言われているんですが、喉を開く感覚は、
あくびをした時の喉の形です。

鏡で口の中を見てみるとわかりますが、ほとんどの方は舌が邪魔して、
喉の奥が見えないと思います。

 

でもあくびをしてみると、舌根(ぜっこん)が下がって、
喉の奥が見えるようになります。

Sponsored Link

口蓋垂(こうがいすい)という部分も上がりやすくなります。
(口蓋垂は、「のどち○こ」がある上あご全体の事です)

あくびをする事で、口蓋垂も上がりますし、舌根も下がります。
つまり、喉の奥のスペースが広がり、響きのある歌声になりやすいんです。

 

最初はあくびをしながら、喉の奥が広がる感覚を覚えてみて下さい。
次に、あくびをしなくても喉が開くように練習してみて下さい。

ちゃんと喉を開く事が出来ているかどうかは、
鏡で口蓋垂や舌根を見ればわかります。

または、普通の状態で声を出した後、あくびをしながら声を出してみて下さい。
あくびをしながらのほうが、良い声が出ると思います。
(喉を開けているので)

 

余談ですが、自分は子供の頃に風邪を引くと、喉を見るのに、
医者に「銀色の平べったい長いやつ」で、
強引に舌を下げられて「ウエッ」ってなってた記憶があります。

子供の時に、この喉を開く方法がわかっていれば、
ウエッてならなくて済んだのになと思います。
(いまだにあの銀色のやつの名前を知らないですが)

 

喉を開く感覚は割り箸で

喉を開く感覚ですが、強制的にこの状態にする方法があります。
それは、奥歯で割り箸を噛む事です。

こうすると強制的に喉を開く状態になるので、この状態のままで歌う事で、
喉を開いた状態で歌う感覚を覚える事が出来ます。

 

割り箸を使う方法ですが、まず割り箸を2本用意します。
割らない状態で、それぞれの太いほうを奥歯で噛みます。
噛む強さは、割り箸を軽く噛む程度で大丈夫です。

男性は太いほうでもいいと思いますが、
女性の場合は細いほうがいいかも知れないです。

 

また、歯の噛みあわせ次第では、うまく噛めない事もあります。
この時は割り箸の位置を前後させて、左右で同じ強さで噛めるように、
調整してみて下さい。

たぶん噛み合わせが悪いと、声を出した時に割り箸がずれやすいです。
軽く噛むんですが、ずれないように気をつけて下さい。

喉を開く事は普通に歌うだけではなく、ミックスボイスでも使います。
歌を歌う時には必須となるので、練習しておきましょう。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。