オク下や無自覚オク下の意味とは?カラオケで勘違い扱いされる恐怖

カラオケなどで、稀に「オク下」と言われる事があります。
このオク下ですが、意味はわかりますか?

オク下って、言われてもあまり嬉しくない(というか嫌)な言葉で、
時と場合によっては勘違い扱いされる事もあります。

 

オク下の意味

オク下とは、ある言葉を略した言葉なのですが、
正確に言うと「オクターブ下」という事です。

Sponsored Link

このオクターブ下を知るには、1オクターブの意味を知らないと
わからないと思いますので、まずはそちらから。

まあ、ゆっくり考えてもらえると、わかりやすいと思います。
最初は専門用語などが出て来ると、どうしても難しくなりますからね。

 

1オクターブとは?

1オクターブとは、一般的には「ドレミファソラシド」の事です。
これだと8個ですが、半音も入れた場合は、
黒の鍵盤が5個、白の鍵盤が7個の、合計12個になります。

ドレミファソラシドの場合は、8個が1オクターブ、
鍵盤だと半音も入るので、12個が1オクターブになります。

 

例えば、男性曲でレミオロメンの粉雪は有名ですが、
最高音はhiAです。

Sponsored Link

hiAの1オクターブ下はmid2Aで、これは男性曲のサビにはないくらい、
低い音程です。

逆にhiAの1オクターブ上は、hihiAで、ラルクアンシエルの瞳の住人では、
最高音になります。

 

この通り、1オクターブ違うと高さはかなり変わります。
そして、1オクターブ下で歌ってしまっている状態の事を、
「オク下」と言います。

つまりオク下とは、瞳の住人の超高音の場所を、
粉雪の最高音で歌ってしまっているので、
聴いているほうとしては、かなり違和感があります。

 

無自覚オク下とは?

もう1つ、無自覚オク下という言葉があります。
これは、自分の自覚がない状態で、1オクターブ下の音階で
歌ってしまっている状態です。

自分では高音が出ていると思い込んでしまっているのですが、
実際は1オクターブ下なので、ぜんぜん高音ではありません。
(むしろ低音です)

 

この無自覚オク下やオク下ですが、わかる人はすぐわかるんですが、
わからない人は何をしてもわからない、というのが厄介です。

例えばhiAとhihiAは、音階は別ですが、音程は同じです。
(高いドと低いドは、どちらも同じドというのと同じですね)

 

この「音階は別で、音程は同じ」というのは重要で、
今のカラオケって設定で音程のバー(グラフ)を表示出来ますが、
1オクターブ違っていても、音程が合っていれば正確に表示されます。

わかりやすく言えば、全部hihiAの曲を全部hiAで歌っても、
音程は正確という判断をされます。
(もちろん、音階は違います)

 

カラオケの機能で精密採点DXってあるんですが、
これなんかもそうですね。

ただこれは精密採点DXが悪いというんじゃなく、
音程が合っていても音階が違うので、そう表示されるのは当然なんです。

オク下かどうかが自分でわからない場合は、歌がうまい人か、
高音が出せる人に聴いてもらうといいですね。
「キーが低い」と言われれば、オク下だと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。