口腔共鳴のやり方と練習方法は?ミックスボイスにも必要?

カラオケに使えるテクニックの1つとして、口腔共鳴というものがあります。
読み方は「こうくうきょうめい」です。

Sponsored Link

 

カラオケでは、鼻腔共鳴というものは有名で知っている人も多いですが、
口腔共鳴は知っている人は少ないです。

 

要は「体の中の空洞に音を入れて反響させる」という事なんですが、極論を言ってしまえば、共鳴させる場所は「鼻の中」「口の中」「体の中」があります。
体も、肺などは空洞ですからね。
でも一般的には「鼻の空洞」と「口の中の空洞」を使います。

 

 

 

口腔共鳴とは?

口腔共鳴とは、口の中に共鳴腔という空洞を作り、
そこに音(つまり歌声)を共鳴させて、響きを加えるテクニックです。

 

わかりやすく言えば、ギターなど。
アコースティックギターがわかりやすいと思います。

 

アコースティックギターは空洞がありますが、
そこの空洞に音を響かせているから、良い音がなるんです。

Sponsored Link

 

なので口腔共鳴を使った場合と、使わなかった場合を比べると、
口腔共鳴を使えば響いた良い歌声になりますし、
口腔共鳴を使えなければ、響かないよどんだ歌声になりやすく、
聴き心地も悪くなります。

 

 

口腔共鳴のやり方・方法は?

口腔共鳴ですが、基本的には口の中の空洞を広げます。
ここでいう口の中とは、喉の奥ですね。

 

人間の舌って、実はかなり大きいんですよね。
見えている部分が少ないから小さそうに見えますが、
舌は根元まで、かなり大きさがあります。

 

 

なので、口腔共鳴をする為にはよく「舌根(ぜっこん)を下げる」と
言われています。
舌根を下げる方法は主に2つあり、

 

1・あくびをした時の喉の形をする

 

2・卵を飲み込むようなイメージをする

 

この2つですね。

 

 

鏡で口の中を見ながらあくびをするとわかりますが、
口の中で2ヶ所に動きがあり、口腔が広がります。

 

普通の状態の口腔から比べると、あくびをした時の口の中は、
舌が下がり、口蓋垂(のどち○こがある部分)が上がります。
舌が下がってのどち○こが上がって、喉の奥が見えていれば、口腔は広がっています。

 

 

普通の状態では、舌も大きく邪魔をしていますし、
口蓋垂も下がっている状態で、口腔が狭いです。
いわば、響きがないアコースティックギターです。

 

あくびの状態では、舌根も下がり口蓋垂も上がって、
口腔がかなり広くなっているのがわかると思います。
これは、響きが素晴らしいアコースティックギターと同じです。

 

口腔共鳴の練習方法ですが、まずあくびをしてみれば、
口腔が広がると思います。

 

 

あとはあくびをしている状態の時、喉や舌にどんな感覚があり、
どういう意識をしているのかを考えて、
あくびをしない状態でその喉を再現出来るといいですね。

 

口腔共鳴は、他の練習をして行く過程で、自然と身につく事もありますし、
すぐに覚えようと思わなくてもいいと思います。

 

 

ただ、喉の状態を覚えるだけなら発声はいらないですし、
歌って練習をした後でも、声を出さないで練習が出来ます。

 

口腔共鳴は、ミックスボイスの発声時にも使います。
チェストボイスなどにも使う基本的な事なので、
練習しておきましょう。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。