ミックスボイスの声量はどのくらい出せばいいのか?

最近は「ミックスボイス」という言葉も、だいぶメジャーになって来ましたよね。
昔ではあんまり言われていなかった言葉ではないかと思います。

ミックスボイスは、声量も重要だと思っています。
どのくらいの声量で練習すればいいのか?という点や、
実際に歌う時の声量など、わからないところも多いと思います。

Sponsored Link

結局ミックスボイスは「感覚」なので、教える方も、教わる方も、けっこう難解だと思います。
「こんな感じ」というような説明の仕方しか出来ないですし、それがミックスボイスの、いちばん難しい点ではないかと思います。

 

ミックスボイスの声量は?

ミックスボイスの出し方は、裏声をベースに出します。
なので、裏声である程度は声量を出せなくては行けません。

まずは裏声を出す事に慣れて、裏声単体での声量を、
ある程度はコントロール出来るといいですね。

Sponsored Link

裏声を普通に出せる事はもちろん、強弱をつけて出せるように
練習をしておくと、ミックスボイス以外の歌唱にも役立ちます。

ミックスボイス発声時の声量ですが、
小さい声でも大丈夫です。

 

この「小さい声」だとわかりにくいと思いますが、
人によっては話し声と同じくらいだったり、
話し声よりもやや声量があるくらいで大丈夫です。

声量は、息の量で決まるものではありません。
共鳴の量で決まってきます。

プロの歌手の人で、ロックなどを歌っている人は、
叫んでいるような発声の人が多いですよね。

ですがこれは、共鳴で声量を稼いでいるので、
叫んではいないと思います。

ミックスボイスの声量は、話し声程度の裏声で大丈夫だと思います。
そこに共鳴などが加われば、けっこう声量アップしますからね。

 

この「ミックスボイスの声量は意外と小さい」という事を知らないと、
叫ぶように歌ってしまい、張り上げミックスボイスになってしまいます。

張り上げミックスボイスとは、声を張り上げるように、
声量を多くして歌う事で、高音が出せる発声なのですが、
声帯や喉に負担が多くかかるので、発声方法としては間違いです。

それでも、普通のチェストボイスで歌うよりは高音が出せるので、
張り上げミックスボイスをミックスボイスだと勘違いして、
多用してしまっている人もいます。

 

声量に関してですが、普通の発声時(チェストボイス)などでも、
それほど声量は必要ではないです。

共鳴を多くして声量を少なくする事で、けっこう大きな声になります。
このあたりは、録音して自分の声を聴いてみるといいかも知れません。
(カラオケの音を大音量にしていなければ)

まずミックスボイスに慣れる時は、話している時の声よりも
やや大きいくらいの声量で練習するといいと思います。
出し慣れて来たら、声量を落として共鳴を増やす方向に
シフトするのがいいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。