ミックスボイスを地声っぽく出す感覚のつかみ方や方法は?

ミックスボイスは、大きく分けると「裏声成分の強いミックスボイス」と、「地声成分の高いミックスボイス」に分かれます。
特に地声っぽく出すミックスボイスは、プロの歌手も使っている人が多いので、人気の出し方となります。

Sponsored Link

 

ですが、ここがちょっと盲点なんですよね・・・
ミックスボイスは、地声っぽく出したい時に、感覚などをわかっていないと、
ミックスボイスではなく、普通の地声(チェストボイス)になりやすいんです。

 

もしここを間違うと、チェストボイスで練習していても気付かない事にもなりかねません。
なので、重要な部分ですね。

 

 

基本的にミックスボイスは、裏声ベースで声を出します。
なので、ほとんどの方はミックスボイスをマスターした時に、「裏声成分の強いミックスボイス」になると思います。

 

ここから地声の成分を強めて行くには、鼻腔共鳴を意識するといいと思います。
まずミックスボイスを出す場合に必要なのは、

 

「裏声+声帯閉鎖+鼻腔共鳴」

 

という3つが重要ですし、この3つのうち1つでも欠けると、それは未完成になっちゃうんですよね。

 

基本的には、裏声と声帯閉鎖だけでも、高音は出せます。
ですがそれだけだと、裏声成分の強い声になってしまいます。

Sponsored Link

 

なので、地声っぽく発声するには、鼻腔共鳴が必要ではないかと思います。
この共鳴で、裏声を地声に近い声質に変化させる事ですね。

 

この鼻腔共鳴なのですが、こちらで詳しく解説しています。
鼻腔共鳴の感覚やコツは?練習方法は?

 

 

 

鼻腔共鳴でわかりやすいのは、口を閉じて発声することです。
口を閉じる事で、音の逃げ場は鼻だけになるので、自然と声が鼻腔を通りやすく、
鼻腔共鳴になりやすいです。

 

すでに裏声ベースのミックスボイスが出来ている方は、鼻腔共鳴を意識することと、声を次の場所から出すイメージで発声してみて下さい。

 

・上の前歯から発声

・鼻から発声

・眉間から発声

・頭頂部から発声

 

この4つの例を挙げたのは、人によって感覚が違ったり、認識が違うためです。
きっと「上の前歯から発声する」という方法でピンとくる方もいれば、眉間からの発声でピンと来る方もいると思います。

 

なので、この4つを、順番にしてみて下さい。
何回か試してみると、ご自分にしっくり来る発声方法がわかるかと思います。

 

ですが最初のうちは、上の前歯か鼻からの発声を意識するといいと思います。
たぶん頭頂部からの発声は、ヘッドボイスの感覚に近くなる方も多いかもしれませんね。

 

 

 

まず大切なのは、「裏声+声帯閉鎖」のミックスボイスが出せるようになることです。
ちなみにこの方法なのですが、人によっては「ミックスボイスではなく、その元となる声」という判断をされる方も多いです。

 

僕自身も、「裏声+声帯閉鎖」では、まだ完全なミックスボイスではないと思います。
ただ高音は出るので、これだけで歌っている人も多いのが現状です。
(それが悪いわけではないのですが)

 

地声っぽくミックスボイスを出すには、「裏声+声帯閉鎖+鼻腔共鳴」が必要だと思います。
まあ、この3つの中でいちばん難しいのは、声帯閉鎖だと思います。

 

なので実際には、「裏声+鼻腔共鳴」で高音を出せる方が特に多いんじゃないでしょうか?
結論で言えば、地声っぽくミックスボイスを出すためには、
「裏声+声帯閉鎖+鼻腔共鳴」の3つが必要ではないでしょうか?

 

 

 

裏声は普通に出せる方が多いと思います。
あとは、鼻腔共鳴は慣れさえすれば、それなりに早く習得は可能です。

 

最も時間がかかるのは、声門閉鎖です。
この3つが出来るようになれば、地声っぽくミックスボイスを出せるようになります。
鼻腔共鳴を強めれば、さらに地声っぽく声質が変化していくと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。