カラオケマイクのエコーは調整が必要?

今のカラオケマイクは、昔よりもかなり良いものになっています。
声の乗りも良くなりましたし、エコーも綺麗になりました。

Sponsored Link

 

カラオケマイクの性質上、ハウリングを起こすのは仕方ないですが、
昔はコード付きのカラオケマイクしかなかったですからね。
(ハウリングとは、音がマイクに入ってキーンと鳴るやつですね)

 

カラオケで歌う時、エコーの調整をする人も多いと思いますが、
エコーの調節は、分けたほうがいいと思います。

 

 

カラオケマイクのエコー調節は?

まずカラオケの部屋に入った時なんですが、
エコーを確認すると、けっこうエコー量が大きくなっている時があります。

Sponsored Link

 

まず目的別として、カラオケで歌の練習をしに来たのか、
仲間内などで楽しみに来たのかで、エコーの量は変わります。

 

もし歌の練習でカラオケに来たという場合は、
カラオケマイクのエコー量はオフ(つまりゼロ)にして下さい。

 

 

もちろんカラオケマイクのエコーがゼロという事は、
エコーがまったくかからない状態なので、
歌は確実に下手に聴こえると思います。

 

でも、歌の練習にエコーなんて、邪魔でしかないんですよ。
だって、歌の練習をするという事は、歌がうまくなりたいからですね。
なのにエコーで共鳴させるのは、個人的に違うと思います。
練習時にエコーかけるのは、テストでカンニングするのと同じようなものです。

 

 

まずエコーを切り、自分本来の歌声を聴きながら練習して下さい。
エコーなんてかけてたら、鼻腔共鳴のかかり具合とかも
わからなくなって当然です。

 

もし、カラオケの部屋から自分の歌声が漏れるのが嫌な人は、
マイクの音量を小さくするか、マイクなしで練習して下さい。
それなら外に漏れにくいですし、安心して練習出来ると思います。

 

 

また、知人や友人とカラオケ来た場合は、
カラオケマイクのエコーはお好きに調整して下さい。

 

普段はマイクのエコーなしで、鼻腔共鳴などの練習をしているなら、
そこに追加されるマイクのエコーで、かなりうまく聴こえると思いますよ。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。