カラオケマイクの音量調節はどのくらいがお勧め?

カラオケに行くとマイクを使う事になりますが、音量って人それぞれ、個人差がありますよね。
中にはマイクの音量を絞っている人もいますし、かなり大きくしている人も多いです。

Sponsored Link

 

このカラオケマイクの音量ですが、諸説いろいろとあると思いますが、
個人的な見解を述べたいと思います。

 

 

カラオケマイクの音量調節は?

カラオケマイクの音量ですが、ある傾向があります。
それは、カラオケの目的別にけっこう分かれていて、
ストレスの解消などで、大声を出したい人は音量を大きくし、
歌が好きで歌っている人は、音量が小さめな方が多いです。

 

それでは、歌の練習をする時のカラオケマイクの音量は、
いくつくらいがいいのかというと、個人的には小さめがいいと思います。

Sponsored Link

 

歌の練習で絶対に必要なのは、カラオケのミュージックを聴いて、
自分の歌声も聴いて練習する事ですよね。

 

なので、マイクの音量をあげてしまうと、このどちらか、
あるいは両方が聴こえづらくなってしまうんです。

 

 

カラオケの機種にもよりますが、個人的にマイクの音量は、
10とか15くらいでいいと思います。
(機種によって、多少前後させる必要はありますが)

 

そもそもカラオケで歌う時って、大声を出す必要はありません。
ストレスが溜まっていれば、思いっきり声を出したいのもわかりますが、
これは歌の練習ではないですからね。

 

普通に歌う時は声量を小さめで、共鳴で声量を上げていくのが、
基本ではないかと思います。
ここをマイクの音量をあげると、共鳴する意識が減って行くと
考えているんですよね。
(個人的にはそう思います)

 

 

歌の練習をしていれば、声量は嫌でも上がっていきます。
なのでマイクの音量をあげる必要はないと思います。

 

歌の練習をする時、自分の声を聴く必要があるので、
マイクだけではなく、ミュージックの音量も大切です。
マイクとミュージックの音量で、自分に適したものを見つける必要がありますよね。

 

 

ミュージックの音量も、それほど大きくなくていいです。
この音量をあげると、自然と声の量も大きくしがちなので、
最初はミュージックの音量は小さめで練習しましょう。
ここも、10とか15くらいでいいと思います。

 

つまり、マイクとミュージックの音量は、
どちらも10から15程度で大丈夫です。
このあたりで様子を見て、少しずつ調整して行くといいと思います。

 

カラオケの部屋に入ったばかりの時、たまにどちらも30を
超えていることがあったりしますが、これは爆音過ぎですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。