声門閉鎖と喉を開く事の違い

歌の練習をする時に、よく耳にする事が多い言葉の中に、
「声門閉鎖」と「喉を開く」という事が言われます。

Sponsored Link

 

ただ、ここを正確に把握していない人が聞いた場合、
「声帯を締めるのと喉を締めるのは同じ事」
「声帯を開けるのと喉を開けるのは同じ事」という認識の方が多く、
声帯を締めて喉を開くイメージが掴めない方が多いです。

歌の基本として、声門閉鎖と喉を開く事を同時におこなう事は、
かなり頻繁にあります。
頻繁というか、常にと言っても過言ではないくらいですね。

なので、声門閉鎖と喉を開く事の違いを知っておきましょう。

 

 

 

声門閉鎖と喉を開く事の違い

これにはまず、声門と喉の意味を知る事から始めないと行けません。

 

声門は、喉仏の奥にあります。
2つの声帯があって、それを声門と呼びます。

 

 

歌の練習でいう喉とは、一般的な喉とは意味が違うんですが、
これは口の中の奥のスペースの事を喉と言っています。

Sponsored Link

 

つまり、声門は喉仏の奥にある2つの声帯。
喉は、口の中のいちばん奥になる部分です。

ここを把握しておくとわかりやすいと思いますが、
「声門閉鎖と喉を開く事」の違いは、
声門であれば、喉仏の奥にある声帯を締める事を指します。

 

かたや喉を開くですが、これは口の中のスペースを広げる為、
口腔内のスペースを広げる事を指します。

 

 

簡単に言うと「声門閉鎖と喉を開く事」を同時にする場合は、
口の中のスペースを広げて、声帯を締めるという意味です。

 

声門閉鎖は、こちらに詳しく書いています。
ミックスボイスの出し方は?感覚やコツは?

喉を開く事に関しては、こちらに詳しく書いています。
喉を開くコツや感覚 練習方法は?

 

 

普段の歌声に関しても、声門閉鎖と喉を開く事を同時にする事は多いです。
声門閉鎖をすると高音が出しやすくなりますし、
喉を開く事で口腔共鳴という、声に響きを与える事が出来ます。

 

恐らくですが、チェストボイスで歌っている時にも、
声門閉鎖をしている人は多いと思います。
喉を開く事に関しては、歌う時は常時している事が多いです。

 

どちらも、歌の練習をする時には欠かせませんので、
練習をして行くといいと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。