声門閉鎖とは?訓練や練習方法は?

歌を歌う時で、例えばミックスボイスの発声をする時なんかは、声門閉鎖というものが必要です。
この声門閉鎖なんですが、慣れないと簡単には出来ません。
意識しないと声門自体を動かす認識がない人も多く、どうしても練習が必要になります。

Sponsored Link

 

声門閉鎖は、少しずつでも練習をして行くといいですね。
これは、練習をしていかないと、なかなか身につく物ではありません。
なので根気よく、地道に練習を重ねる方がいいのかなと思います。

 

 

声門閉鎖とは?

まずは、声門とはどのようなものなのかを知らないと行けません。

 

声門がある場所は、喉の奥のほうです。
男性であれば喉仏が出ている人が大半だと思いますが、
この喉仏の奥に、声門があります。

 

声門とは、2つの声帯の事を指します。
声帯はヒダのようになって繋がっていて、開け閉め出来ます。
つまり、繋がった2つの声帯を閉じる事を「声門閉鎖」と言います。

 

 

 

声門閉鎖の訓練や練習方法

声門閉鎖の訓練や練習方法ですが、
まずは声門を閉鎖する感覚を覚える事がいいと思います。

 

息を長く吐いて行き、途中で息を止めます。
その時、声門(喉仏の奥側)に、何かがぎゅっとしまった感覚が
あると思います。

Sponsored Link

 

何回かやってみて、普通の状態の声門と、声門閉鎖した状態の感覚を
思い出して頂ければわかると思いますが、この「息を止めた時」に、
声門が閉鎖しやすいです。

 

これを、声を出しながらやってみると、声は止まるけれど、
声門が締まる感覚がわかれば、それで声門閉鎖は出来ています。

 

 

あとは、声門の閉鎖具合ですね。
声門の場所がわかって、そこをある程度開け閉め出来るようになると、
声帯をちょっと閉めたり、強めに締めたりが出来るようになります。

 

例えばミックスボイスの発声の場合、声門は完全に閉じるのではなく、
ある程度締まっている状態、という感覚になると思います。

 

 

感覚なのでハッキリとした事は言えないのですが、
声門閉鎖が弱すぎたり強すぎたりすると、ミックスボイスになりません。

 

声門閉鎖自体は、それほど難しくはありません。
難しいのは「どれだけ締めればいいのか?」という感覚です。

 

 

声門閉鎖の訓練や練習方法としては、声を出しながら声門閉鎖をして、
声がどんな声になるのかを確認しながらやって行くといいですね。

 

ミックスボイスなら、裏声を出した状態で声門閉鎖をしてみます。
声を出しながら声門閉鎖したり、閉じた声門を開けながら声を出したり、
いろいろとやってみて下さい。

 

 

先ほども書きましたが、閉鎖の具合はいろいろとやってみて下さい。
特にミックスボイスの時は、裏声と声門閉鎖の締め方によって、
かなり高音が出る事もあります。

 

いきなりこういう高音が出るとビックリしますが、
大事なのは、その高音が発声出来た時の声帯の閉鎖具合です。

 

ここを忘れてしまうと大変なので、いま声門はどのくらい締まっているのか?
体感として、この時にどんな感覚だったのかをしっかりと把握しておきましょう。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。