カラオケで使う歌声の種類は?

カラオケで歌う時に、声の出し方(発声方法)はいくつかあります。
この歌声の種類ですが、中には使い分けを意識していなくても、
自然と使い分けられる人もいます。

しかし、多くの人はこの使い分けがわからずに、
なんとなく歌っている方が多いです。

Sponsored Link

それはもちろん、声の種類を知らないという事もあるんですよね。
なので、種類や出し方を知っている必要があると思います。
まずはこの「歌声の種類」を、しっかりと把握しておきましょう。

 

歌声の種類は?

歌声の種類には、大きく分けると5つあります。
それを順番に説明しますね。

 

・チェストボイス

チェストボイスは「胸声(きょうせい)」とも呼ばれています。
基本的には、話している時の声に近い歌声です。

声の響きを胸に落としている声なので、
低く響く歌声になります。

Sponsored Link

低い音域を歌うのに適している為に、
カラオケに行くとチェストボイスで歌っている方が多いです。

 

・ファルセット

ファルセットは裏声の事で、息漏れが多い裏声です。

ファルセットは高音域の音域を出すのに向いています。
ただ、声は地声ではなく裏声なので、
高音をファルセットで歌うと「高音出ないのかな?」と
思われてしまう事もあります。

 

・ミックスボイス

ミックスボイスは、地声と裏声を混ぜたような声の事です。

裏声の発声ですが、聴いてみると地声のような力強さがあり、
歌っている本人は裏声に近い声の出し方をしているのですが、
聴いているほうは地声に聴こえるという特徴があります。

プロの歌手は、ミックスボイスを使っている人が多いです。

 

・ヘッドボイス

ヘッドボイスは「頭声(とうせい)」とも呼ばれています。

ミックスボイスでも出せないような、超高音域を出すのに向いていて、
ファルセットとは違い、息漏れがなく芯があるような歌声です。

ヘッドボイスが出せるようになれば、カラオケに入っている曲の
ほとんどの高音は出す事が出来ます。
(一部、例外はあります)

 

・ホイッスルボイス

ホイッスルボイスはその名前の通り、笛の音のような超高音です。
その高さはヘッドボイスよりもさらに高音ですが、
あまりカラオケで使う機会がない声とも言えます。

ホイッスルボイスはどんな声なのかというと、
マライア・キャリーさんやMISIAさんがたまに出す、
超音波のような高音です。

男性でも出す事は可能ですが、カラオケで使う機会はないと思います。
また、自分もホイッスルボイスは出せないですね。

 

それぞれの声の特徴

まず、普通にカラオケに行くだけと想定した場合は、
「チェストボイス・ファルセット・ミックスボイス」の3つが使えれば問題ありません。

ヘッドボイスは、高音の歌を歌いたい時には使えたほうがいいですが、
選曲次第ではこの3つだけでも充分だと思います。

 

ヘッドボイスの音域は、男性の曲ならONE OK ROCKさんや、
X JAPANさんなどの歌で使う事が多いです。

女性の曲であれば、広瀬香美さんやMISIAさんの歌で、
ヘッドボイスを使う機会が多いです。

ですが最近の歌は高音域の歌がとても増えて来ています。
なので、ミックスボイスは使えたほうがいいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。