チェストボイスは裏声なのか?地声なのか?

カラオケなどでは、チェストボイスで歌う機会が多いですよね。
チェストボイスとは、一般的には地声だと言われています。
ですが、チェストボイスと地声はまったく違うものです。

Sponsored Link

 

なぜかチェストボイスは、地声と同じという感覚の方が多いんですけど、確かにチェストボイスと地声は似ています。
自分の中では「地声の出し方を工夫したもの」が、チェストボイスではないかなと思ってます。

 

歌を歌う時に地声で歌おうと意識すると、中音域の発声になりますが、
それはチェストボイスではないんです。

 

 

 

チェストボイスとは?

まず、チェストボイスの定義って、人それぞれ変わるんだと思います。
中には「チェストボイスは地声」という方もいると思いますし、
「チェストボイスは地声に近い」という方もいると思います。
中には「チェストボイスは裏声」という意見もあります。

Sponsored Link

 

まず、発声の基本として「喉の力を抜く」というものがあります。
喉に力を入れてしまうと、発声としてあまりよくないのですが、
喉の力を抜きつつ、喉を開くという事になると思います。

 

この「喉の力を抜く」ですが、実は力を抜いたほうが高音は出しやすいです。
力を入れて発声した場合、力づくで高音が出せる事もありますが、
うまく脱力して発声が出来るのがベストです。
そして、この「喉の力を抜く」という歌い方をする事で、
声帯も裏声を出す時の形に近くなるんです。

 

 

声帯は、普段話している時の状態は、声帯同士がぶつかりあいます。
裏声を出している時はぶつからず、声帯の隙間に息を通すイメージです。

 

なので、個人的には声帯をぶつけて出す地声よりも、
裏声のように声帯に負担がかからない声の出し方のほうが、
チェストボイスに向いていると思っています。

 

 

 

裏声でチェストボイスって、実は大変です。
裏声自体が高音になりやすいので、その声で中音域や低音域の声を
出すのはかなり難解だと思います。

 

なので感覚的には、チェストボイスは裏声で出すというよりも、
喉の力を抜いて楽に発声をする事で、地声で出すというよりは、
「裏声で出す」という表現のほうが近い、という解釈が、
いちばんわかりやすいんじゃないかなと思います。

 

 

誰でも話をし続けると、声が枯れますよね?
それは、声帯をぶつけて出すのが地声だからです。

 

なので、声帯に負担がかからない発声。つまり、
「裏声」か「喉から力を抜いた発声」のどちらかを心がけるとベストです。

 

それが、ある程度の高音なら裏声やミックスボイスなどが向いていて、
中音域などなら、脱力した喉でする発声が向いていると言えます。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。