裏声でしか歌えない人の解決方法は?

発声の仕方はいろいろとあるんですが、大きく分けると、
地声と裏声になります。

地声は低音から中音域の声を力強く発声する事が出来ます。
かたや裏声は、高音域の声を優しく、柔らかく出す事が出来ます。

 

本来はどちらも使い分けられるといいのですが、
人によっては「裏声でしか歌えない」という悩みがあるみたいです。

それでは、地声で歌う事が出来なくて、
裏声でしか歌えない人はどう解決すればいいのか?いうあたりを
書いて行こうと思います。

 

裏声でしか歌えない事のデメリットは?

裏声でしか歌えないと、基本的に力強い声は出せません。
なので、ロック系の歌を歌うのはちょっとイメージが変わりますよね。

Sponsored Link

また、よくカラオケでは、高音が出ない場所を裏声で歌う事が多いので、
一般的に裏声を多用していると「高い声出せないんだ」のような
捉え方をされる事もあるんですよね。

 

それでは、裏声でしか歌えないのはダメな事なのか?というと、
ダメどころか、とても素晴らしい事だと思います。

わかりやすい例で言えば、巷でプロの歌手・アーティストの中で、
ヒーリングボイスやエンジェルボイスと表現されるような、
綺麗な歌声を持っている方がいますよね?

でも、ヒーリングボイスやエンジェルボイスだって、
声の質としては裏声なんですよ。

 

つまり、裏声でしか歌えないのは個性。
しかも世間では、綺麗な歌声という判断をされる事が多いので、
その個性を消すことなく、今後もその歌声で歌って行くと
いいんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

歌がうまくなるには、裏声の強化は必須です。
そこがすでに出来ているんですから、やっぱり素晴らしい事です。

裏声が出せるのなら、ミックスボイスやヘッドボイスというような、
高音を発声する方法にも昇華させる事が出来ます。

 

ミックスボイスに関しては、こちらに書いてありますので、
宜しければご覧下さい。
ミックスボイスの出し方は?感覚やコツは?

 

ミックスボイスは、裏声がとにかく重要です。
もし裏声でしか歌えないのなら、ミックスボイスの習得も
早いかもしれないですし、練習をされてみるといいですね。

ミックスボイスに必要なのは、裏声、声門閉鎖、鼻腔共鳴です。
(喉も開けるといいですが)

まず裏声が出来ていて、鼻腔共鳴はそれほど難しくはないので、
後は声門閉鎖が出来れば、ミックスボイスになります。

 

ミックスボイスだと、声の出し方としては裏声になります。
そこに響きなどが加わるので、地声のような聴こえ方になります。

多くの方はミックスボイスの練習をする時に、
裏声で歌う事が壁になります。

裏声でしか歌えないなら、そこに慣れていると思いますので、
練習するには有利なんじゃないかなと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。