裏声とファルセットの違いとは?

発声方法の中でよく言われるのは、裏声やファルセットですよね。
この裏声とファルセットですが、違いはあまり知られていません。

実際はぜんぜん違う物ではないのですが、これは知っておいたほうがいいですね。
最近ではなぜか、「裏声=ファルセット」という認識が強いんですけど、これは正解でもあり、間違いでもあります。

Sponsored Link

中には「裏声を英語にするとファルセット」とか、
「裏声とファルセットは違うもの」だとか、
いろいろな事が言われています。

 

裏声とファルセットの違いとは?

まず最初に、裏声とファルセット自体は違うものなのですが、
ジャンルとしては同じになるんです。

ファルセットとは何なのか?と言えば裏声になりますが、
裏声とは何なのか?というと、ファルセットではありません。

このあたりは、他の発声方法も合わせて説明をすると
わかりやすいと思うので、そちらも合わせて説明しますね。

 

まず裏声とファルセットですが、例えば他の発声で、
ミックスボイスというものと、ヘッドボイスというものがあります。

Sponsored Link

なのでこの4つで説明すると、「裏声」というフォルダがあり、
その中にファルセット、ミックスボイス、ヘッドボイスがあるんです。

わかりやすく言うと、ファルセット、ミックスボイス、ヘッドボイスの
3つに関しては、全てが裏声の発声から出すものなんです。

つまり裏声の出し方で、ファルセットも出せますし、
ミックスボイスも出せますし、ヘッドボイスも出せます。

それでは、この3つがどんな裏声なのかというと、

・ファルセット
息漏れを多くした裏声で、優しいイメージです。

・ミックスボイス
裏声に響きや鋭さを加えたもので、地声に近く聴こえます。

・ヘッドボイス
芯がある裏声で、ファルセットとは間逆に、息漏れが少ない裏声です。

 

このような違いがあるのですが、この3つの中では、
ファルセットはいちばん出しやすく、ミックスボイスとヘッドボイスの
2つに関しては、練習しないと出せない事が多いです。

逆に言えば、裏声を出すだけなら、感覚さえ掴めば簡単です。
なので「裏声=ファルセット」と呼ばれている事が多いです。

 

まあ、世間では「裏声=ファルセット」でも通じる事が多いですが、
ミックスボイスとヘッドボイスも裏声だという事は覚えておくといいですね。

ファルセットは、息漏れが多い裏声です。
普通に友達などに「裏声を出してみて」というと、
通常はこの「息漏れが多い裏声」になると思います。

なので、それ以外の裏声は出すのが難しいんです。
無意識に出した裏声はファルセットになりやすいので、
うまく使いこなせるようになるには、時間がかかります。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。