ビブラートの出し方とコツ 横隔膜は不要?

ビブラートとは、カラオケなどで歌う時に、
声を揺らせるテクニックです。

通常、ビブラートというと、歌唱の時にもビブラートは使いますし、楽器でもビブラートを使う楽器があります。
こちらでは、歌唱の時に使うビブラートについて書いて行こうと思います。

Sponsored Link

実は自分も、ビブラートって苦手なほうなんですが、
誰でも簡単にビブラートを使える方法が2つあります。

 

簡単ビブラートの方法

ビブラートは本格的に練習をしようとすると、
横隔膜や喉でかけるので、簡単ではないんです。
ただ、この方法だと簡単にビブラートをかけられます。

 

まず、長く「あ~~~」と言ってみて下さい。
この時点で、ビブラートにはなりません。

ですが、次は「あぁあぁあぁあぁ」と言ってみて下さい。
「大きいあ」と「小さいあ」を、連続して出す感じです。
実はこれだけで、ビブラートのような発声になるんです。

Sponsored Link

最初からこの発声が出来なければ、次は「あ~~~あぁあぁあぁあぁ」と
発声してみて下さい。
最初の発声では普通の声で、途中からビブラートをかけているイメージです。

「あぁあぁあぁあぁ」のコツですが、一音一音を発声しなおすのではなく、
ブレスを挟まず、一息で発声してみて下さい。

 

何回かやれば、多少なりともビブラートになりますので、
練習を続けてみて下さい。

他にも、ビブラートを出す方法はあります。

 

もう1つのビブラートの出し方

これも正しいビブラートのかけ方ではないですし、
たぶん1人じゃないと出来ません。

ビブラートの正しいかけ方の中で、横隔膜でかける方法があります。
横隔膜はみぞおちのあたりにあるのですが、ここを揺らす事で、
ビブラートになります。

 

ですが、実生活の中で横隔膜を揺らす機会はないですし、
自分は苦手です。なので、力技で出すんです。

まずは横隔膜の位置を確認して下さい。
みぞおちのまわりですね。
次に、マイクを持っていないほうの手でグーを作って下さい。
(今回は、右手でグーを作るとします)

 

次に「あ~~~」と言いながら、横隔膜を右手で何回か押して下さい。
何度も押しながら声を出すと声が揺れて、ビブラートになります。

これは、人がいるところでやると悲しくなりますが、
1人なら、好きな間隔でビブラートをかけられます。
右手で押す間隔が、そのままビブラートの間隔になりますので。

 

このビブラートの出し方はずるいと思われがちですが、
実はちゃんとしたビブラートの練習にもなるんです。

声を出しながら右手で横隔膜を押すんですが、
この「横隔膜を押す感覚」を、右手を使わずに出来るようになれば、
何も使わなくても、ビブラートが出来るようになります。
(要は、自分で横隔膜を揺らしてビブラートをかけられるようになります)

最初の「あぁあぁあぁあぁ」というのは、喉でかけるビブラートに近いです。
みぞおちを押す方法は、横隔膜でかけるビブラートに近いです。
まずは、どちらでもやってみて下さい。

 

また、ちりめんビブラートというビブラートもあります。
これは、Gacktさんや堂本剛さんの歌声に代表される、
細かい振動のビブラートの事です。

自分のちりめんビブラートは、喉でかけていますが、
「あぁあぁあぁあぁ」の間隔を早くするとこうなりやすいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。