高音は鼻腔共鳴で出せるのか?

カラオケに行くと、高音の歌ばかりが多くなっていって、歌える歌がなかったりもしますよね。
今で言うと低い歌よりも、高い歌のほうがおおいのではないかと思います。

高音を出す為に、鼻腔共鳴がいいのでは?と言われています。
鼻腔共鳴は歌声に響きを加えるテクニックで、
声量がアップし、高い声も出やすくなります。

Sponsored Link

鼻腔共鳴自体、それほど難しくはないのですが、
使わないと歌声に響きがなく、何のへんてつもない声になりやすいです。

 

高音を鼻腔共鳴で出すなら、声は地声?裏声?

鼻腔共鳴には、大きく分けると2つあると思うのですが、
まあ、いろいろな区分がある中で、鼻腔共鳴は地声で出すのか?
裏声で出すのか?というところが分かれます。

別に地声でも裏声でも鼻腔共鳴は出来るのですが、
もしも裏声を出し慣れていない人なら、
地声で鼻腔共鳴をしたほうがやりやすいです。

Sponsored Link

ですが、目的の「高音を鼻腔共鳴で出す」と考えた場合、
裏声で鼻腔共鳴させたほうが高音は出せます。

 

地声、またはチェストボイスで鼻腔共鳴させた場合は、
普通の中音域の歌声になります。

ですが裏声で鼻腔共鳴させた場合の発声は、
ミックスボイスに近くなります。
(ミックスボイスではないです)

裏声が苦手だと、普通に息漏れの多いファルセットになりやすいです。
でも鼻腔共鳴させると、自然と声帯も締まりやすくなるので、
声の質としてはミックスボイスに近くなります。

 

まあ、ミックスボイスはきちんと習得をしたほうがいいですが、
高音を出す目的なら、裏声+鼻腔共鳴がおすすめです。

普通に裏声というと、息漏れの多いファルセットは出せる人が多いと思います。
この裏声に鼻腔共鳴を加える事で、ファルセットに芯が加わった声になり、
より地声に近い響きになります。

 

ミックスボイスやヘッドボイスでは、鼻腔共鳴をさせながら裏声を出す感覚が、
意外と大切なんじゃないかなと思います。

高音を鼻腔共鳴で出したい場合、そのあたりも意識しておいて、
練習をして行くといいですね。
ファルセットしか出せない人は、裏声に響きが加わった声を知らない人も
多いんじゃないかなと思います。

裏声を共鳴させた声を自分で聴くだけでも、そこを知らなかった人にとっては
大きいんじゃないでしょうか?

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。