裏声と喉の密接な関係 裏声の本当の出し方

カラオケなどで裏声を出せる人は多いと思いますが、
もし裏声を出せていても、それが正しいのか考えた事はないですか?

歌って、ほとんどの方が、学校の音楽の授業で歌っていただけですし、いざ「声の出し方」という視点で考えてみると、意外とわからないことも多いんですよね。

Sponsored Link

普通の歌声と同じく、裏声にも出し方あります。
この出し方をする事で、もっと綺麗な裏声を出す事が出来るようになります。

 

裏声を出している時の喉は?

よく地声で歌う、チェストボイスで歌うと言われる時に、
「喉を開く」と言われていますよね。

 

参考までに喉を開くとは、奥歯の間で軽く割り箸を噛んだり、
あくびをしている時の喉と言われています。
これと同じように、裏声の時の喉も開く必要があるんです。

Sponsored Link

裏声を発声する時に、喉が締まっている(または喉が開いていない)と、
裏声も平坦な感じになってしまいます。

でも裏声を出しながら喉を開くと、喉の奥が開いて共鳴しやすくなり、
裏声そのものもふくらみのある裏声になりやすいです。

この「喉を開いた歌声」ですが、先ほど書いたとおりの方法で

喉を開けば、すぐに再現出来ます。

・割り箸を奥歯に挟んだまま裏声を出す

・あくびをしながら裏声を出す

 

割り箸もあくびも、裏声を発声しながら喉を開くのに有効です。
極端な話、割り箸を挟んであくびをしながら裏声を出せば、
確実に良い裏声が出ます。

慣れればどちらか1つでもいいと思いますが、
鳴れないうちは割り箸、あくびを同時でもいいと思います。

大事なのは、喉を開いている感覚を覚える事です。
いつも割り箸をしながら歌うわけにはいかないですからね。

もし裏声を発声しながら喉を開く事が出来たら、
次はその裏声を、眉間や頭頂部から出すイメージで練習をするのも
おすすめですね。

 

「裏声で喉を開く」のは、裏声の発声の基本になります。
この裏声を眉間などの方向に向かって出す感覚は、
ミックスボイスやヘッドボイスの練習になります。

カラオケで、普通に裏声で歌う部分に関しては、
この裏声の出し方でいいと思います。

ただ、喉を開く事は歌う時の基本になりますので、
カラオケで歌う時には、常にこの喉の形をしないといけません。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。