咽頭共鳴と鼻腔共鳴の違いとは?

歌を歌う時、声が響いていて良い声をしている人って、たまにいますよね。
マイクのエコーを使っていなくても、エコーを使っているような声っていいですよね。

Sponsored Link

 

カラオケで歌うなら、歌声を共鳴させる事が必要です。
共鳴には何種類かあり、主に有名なものは鼻腔共鳴という、
鼻の空洞に声を反響させる方法です。

 

他には口腔共鳴というものもあり、こちらも有名なのですが、
口の中の空洞を使って音を反響させる事が出来るのですが、
カラオケをする方では、鼻腔共鳴と口腔共鳴は知っている方が
多いんじゃないかなと思います。

 

ただもう1つ。
「咽頭共鳴」というものがあるんです。

 

 

 

咽頭共鳴とは?

咽頭共鳴とは、読み方は「いんとうきょうめい」です。
咽頭共鳴腔という、喉の奥の空洞を使って声に響きを与える方法です。

Sponsored Link

 

カラオケでは、いちばんよく言われているのが鼻腔共鳴。
稀に、口腔共鳴もよく言われます。

 

でも、ある意味で咽頭共鳴は、もっと重要です。
咽頭共鳴と鼻腔共鳴の違いですが、文字通りですね。

 

 

咽頭共鳴は咽頭、つまり喉の奥での共鳴です。
鼻腔共鳴は鼻の空洞を使った共鳴です。
喉で共鳴させるか?鼻の空洞で共鳴させるかの違いです。

 

そして、声を出す時を考えてみて下さい。
声は声帯で作られますよね?
咽頭共鳴は、口腔よりも鼻腔よりも先に使われる空洞なんです。

 

 

だって、声は声帯から出て、必ず喉を通りますよね?
なので必ず使う空洞になるんです。

 

それでは咽頭共鳴はどのようにするのか?というと、
特に意識しなくてもいいと思います。

 

俗に言われる「喉を開く事」ですが、喉を開いた時に、
喉の奥の空洞も大きく広がります。
この状態で声を出せば、自然と咽頭共鳴を使えます。

 

喉を開く事=咽頭共鳴

 

こう考えるとわかりやすいと思います。

 

 

また、もっとわかりやすいのはギター(アコースティックギター)です。
アコースティックギターは空洞がありますが、
空洞に音を反響させる事で、良い音がなります。

 

咽頭共鳴もアコースティックギターと同じで、
喉の奥の空洞、つまり咽頭共鳴腔で声を響かせる事で、
そこに音が入れば、自然と共鳴になります。

 

 

極論、喉を開いて、そこから喉に力を入れて、
共鳴の仕方を変える事も出来るようですが、
そこまでは考えなくていいと思います。

 

まずは喉を開いて咽頭共鳴を意識する事が、
カラオケで歌うのに大切ではないかと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。