音痴の原因と理由は? 音痴を改善させる3つの事とは?

カラオケって、自分で行こうと思わなくても、誘われる機会ってありますよね。
音痴だと、カラオケに行くのも嫌になりますよね。

Sponsored Link

 

でも、それでも歌が好きだったり、歌がうまくなりたいという人は、
かなり多いんじゃないかなと思います。

 

まず音痴には音痴には原因や理由があります。
それは、ある3つの事を矯正する事なんですよね。

 

 

なぜ音痴に聴こえるのか?

ここでは、発声だったり音域という部分は一切無視します。
これらの部分は、まず音痴を直してから取り組むべき点なので。

 

まず音痴とは、3つのあるものが関係します。
その3つがこちら。

 

1・音程

2・リズム

3・安定した声

 

音痴の原因がこの3つ全てだという可能性もありますし、
どれか1つを改善するだけで直る事もあります。

Sponsored Link

 

逆に言えば、この3つが出来ていれば音痴にはなりません。
なので、ご自分で何が弱点かを把握して、
そこを矯正して行く必要があります。

 

 

 

音痴の改善・矯正方法

先ほどの3つですが、それぞれ直して行かないと行けません。

 

まず音程ですが、最近ではカラオケの採点機に、
音程が表示されるものがあります。

 

まずはそれを見ながら歌ってみて下さい。
可能なら、デジカメやスマホなどで録画してみるといいですね。

 

 

音程は、最後に何%が合っていたかわかる機能もあります。
精密採点DXなどですね。

 

大抵のカラオケにはあると思いますが、
自分が行くカラオケにどんな機種があり、
その機種に音程を表示させる機能があるか確認しておきましょう。

 

 

次はリズムです。

 

例えば森山直太朗さんの「さくら 独唱」ですが、
始めの場所に「ぼ~くらは~♪」という歌詞がありますよね。
ここのリズムが狂ってしまっていると、

 

○ ぼ~くらは~♪
× ぼく~らは~♪
× ぼ~くら~は~♪

 

このように、リズムがおかしくなってしまう事があります。
こうなっている原因の中に「原曲を正しく覚えていない」という理由が、
実はかなり多いんです。

 

原曲を知らなければ歌う事は出来ませんので、
まずはしっかりと原曲を聴きましょう。

 

 

あとは、「体でリズムを作る事」も重要です。
リズムが取れない人って、直立不動で歌っている人が多いです。

 

プロの歌手の方を見てみて下さい。
意外と腕を動かしていたり、頭を振っていたりする事が多いです。

 

簡単なのは、マイクを持っているのとは逆の手で、
音楽に合わせて、歌いながら手を動かしてみて下さい。
拳を作って振ってもいいですし、手のひらで太ももを叩いてもいいです。
こうすると、格段にリズムが取りやすくなります。

 

 

最後に、安定した声です。
人によっては、音程を上下させようとした時に、
高い声は強く、低い声を弱く発声してしまう人が多いです。

 

なので、声量をなるべく均一にするように意識してみて下さい。
歌いながら意識する事で、変わって来ると思います。

 

この「安定した声」ですが、歌う時に感情をつけたり、
表現力をつける為に、わざと強く発声する事はあります。
でも、音痴を自覚している方は、安定させたほうがいいですね。

 

 

この3つのうちのどれか、または全部を矯正すれば、
音痴には聴こえなくなります。

 

音程とリズムがあっていれば、安定した声を意識すればいいですし、
リズムだけあっていれば、音程と安定した声を意識すればいいです。
少しずつ、順番に改善させて行きましょう。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。