鼻腔共鳴ができない人でも強制的に鼻腔共鳴させる方法

カラオケなどの歌うテクニックの中で、
鼻腔共鳴と呼ばれてているものがあります。
(正確には、鼻腔共鳴法というみたいですが)

この鼻腔共鳴は、鼻腔(鼻の空洞)に声を入れて、
響く声にしたり、高音を出しやすくするものです。

Sponsored Link

歌う時には、必ずといっていいほど使うものなのですが、
鼻腔共鳴ができないと悩んでいる方法も多いです。

そこで、この鼻腔共鳴を強制的に起こさせる方法をご紹介します。

 

鼻腔共鳴を強制的にさせる方法

その前に、知っておきたい知識を。

まず鼻腔共鳴は、先ほども書いた通り「鼻の空洞に声を入れて響かせる」
というテクニックです。

「声を鼻の空洞に」と言われると難しく感じるかも知れないですが、
要はここに声を入れられれば、鼻腔共鳴になります。
「声を入れる」という意識よりも「自然と声が入る」と考えると、
鼻腔共鳴もわかりやすいと思います。

Sponsored Link

まず話し声の場合は、声帯から出た声が喉を通り、
口から出て行きます。

「声帯(喉仏の奥にあります)~喉~口」なので、鼻腔は通りません。
なので、鼻腔共鳴はしないんですよね。

ですが、強制的に鼻腔共鳴をさせるなら、
声を、口から出なくすればいいんです。
 

どんな発声をしても、声帯で作られる声は喉を通ります。
鼻腔共鳴しなければ、口から声が出ます。
鼻腔共鳴させれば、声は鼻から出る感覚です。
(実際は口から声が出ていますが、感覚としては鼻や眉間から声が出ます)

この現象を強制的に起こさせるには、
「舌根(ぜっこん)をあげる」という方法で解決出来るんです。

 

舌根とは舌の付け根の部分で、わかりやすく言うなら、
喉の奥にいちばん近い舌です。

舌根を上あごと下あごで挟み込む事で、喉の前のスペースに、
シャッターを閉じたような状態にする事が出来ます。

喉の前にシャッターがあれば、声は口から出にくくなります。
声が出ないと、声は鼻から抜けやすくなるので、
自然と鼻腔共鳴しやすくなります。

 

この方法ですが、舌根を上あごと下あごで挟めばそれで大丈夫です。
舌根を、上あごと下あごで潰すイメージで力を軽くかけると、
喉の前にシャッターを作れます。

その状態で声を出してみて下さい。
鼻の頭を触って、振動があれば鼻腔共鳴ができています。

 

「普通に声を出している時」と「シャッターを作った時」で、
声を出し比べてみて下さい。

鼻の頭の振動があるなしで、鼻腔共鳴ができているのが
確認出来ると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。