カラオケマイクの持ち方で正しいものは?

カラオケでのマイクの持ち方は、意外と重要な項目です。
マイクの持ち方次第では、音の反響が効率的ではなかったり、音を拾いにくかったりします。
マイクは音が入る部分もけっこう広いので、手でその部分を押さえてしまっている事も、けっこうあります。

Sponsored Link

 

持ち方ひとつでかなり変わって来ると思うのですが、
カラオケで歌う人の中では、持ち方はあまり重要視をしない人が
多いように思います。

 

 

カラオケマイクの持ち方は?

まず言える事の1つとして、音(というか歌声)が入る向きです。

 

マイクの頭は丸くなっていますが、丸くなった頂点が、
いちばん声の入りはいいですね。

Sponsored Link

 

まあ、これは普通にマイクを持って歌っていれば、
自然と頂点に向かって声を出していると思います。

 

この向きはいいとして、もっと大事なところは、
マイクの持ち方なんです。

 

 

マイクの持ち方ですが、頂点の丸くなっているところは、
すべて音を拾います。

 

なので、ラッパーの方みたいにマイクの頂点を握り込むように持つと、
音がこもりやすいんです。
(曲によって持ち方をこう変えるのは問題ないです)

 

 

普通に歌う時や、歌の練習をする時に限って言えば、
マイクの頂点付近は持たないほうがいいと思います。

 

例えばこちらの画像ですが、赤く丸を書いた部分では、
すべて音を拾います。

 

 

なので正しい持ち方は、マイクの棒状になっている部分です。
マイクのここを持って歌えば、すべての音をマイクで拾えるんです。

 

マイクはけっこう繊細で、例えばマイクの丸くなっている部分の、
下側を持って歌うだけで、とたんに音の入り方が悪くなって、
声がこもったりするんです。

 

マイクを持つ時は、必ず棒状の部分を。
声を出すのは、マイクの頂点の部分にしましょう。

 

 

自分も昔、マイクの丸くなっているところを包み込むようにして、
マイクを持っていた事があります。

 

いろいろな持ち方をして、歌っているところを録音して聴いてみると、
音の入り方は反響の仕方など、わかってくると思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。