カラオケマイクがキーンとハウリングする原因とは?

カラオケで歌っている時に、たまになる現象の1つで、ハウリングというものがあります。
ハウリングとは、カラオケのマイクに歌声以外の音が入り、スピーカーからキーン!と音がする、アレですね。

Sponsored Link

 

気持ちよく歌っている時にハウリングを起こしたり、
練習で録音しながら歌っている時にハウリングを起こすと、
何とも言えない気持ちになりますよね。

 

 

このハウリングですが、しっかりとハウリングする原因をわかっていれば、
ある程度は防ぐ事が可能です。

 

この「ある程度」ですが、中にはカラオケ機器の不調であったり、
部屋そのものがハウリングを起こしやすいものになっている事もあります。
ですが大抵の場合は、原因さえわかっていれば対策する事が出来ます。

 

 

 

ハウリングの原因は?

まずは、ハウリングが起こる原因についてです。

 

ハウリングとは、マイクに声以外の音、つまりカラオケのミュージックが
入る事で起きます。

Sponsored Link

 

ハウリングが起こる時は、このような状態になっています。

1・マイクにカラオケのミュージックが入る

2・実際のミュージックとマイクから出たミュージックを、
再度マイクが拾う

3・その音をさらにマイクが拾い、スピーカーなどの許容範囲を超え、
ハウリングが起こる

 

つまり短い間隔で、マイクにずっとミュージックが入る続ける事により、
スピーカーの反響が増幅され、マイクからキーンという音が聴こえる。
これがハウリングなんです。

 

この原因を知っていれば、対策出来ますよね。

 

 

 

ハウリングの対策は?

ハウリングは、先ほどの原因でなります。
つまり、マイクがカラオケのミュージックを拾ってしまうのが原因です。

 

なのでカラオケに入ったら、スピーカーの位置と向きを確認してみて下さい。
音が出る方向を見極めて、マイクでそこからの音を拾わないようにすれば、
自然とハウリングは防げます。

 

 

また、部屋の作りで、なかなかハウリングを直せない事もあります。
ハウリングの原因はカラオケのミュージックなので、
音量を下げる事でも、ハウリングをある程度防ぐ事が出来ます。

 

音の反響を少なくする為に、エコーを切るか減らすかしても、
ハウリングにはなりにくいです。

 

 

あとはですね、原因は「マイクがミュージックの音を拾う事」です。
なのでヒトカラ以外の場合だと、マイクが2本以上オンになっていても、
ハウリングしやすいんですよね。
よく複数人数で歌っている時、ハウリング起こりませんか?

 

 

これらの原因と対策を知っておけば、ハウリングも防ぐ事が出来ます。
試して頂けると幸いです。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。