ちりめんビブラートとは?歌手で言えば誰が使っている?

カラオケで使うようなビブラートなんですが、
実はビブラートには、いくつか種類があります。

大きく分けると、横隔膜でかけるビブラートと、
喉でかけるビブラートがあります。

Sponsored Link

ちりめんビブラートとは、喉でかけるビブラートの一種なのですが、
なぜ名前が「ちりめんビブラート」と言うのかわかりますか?
これにはちゃんと、名前の由来があるんですよね。

 

ちりめんビブラートとは?

ちりめんビブラートとは、正確には名前の由来はありません。

ですが、恐らくはラーメンなど麺の状態の「ちぢれ麺」を
指しているのではないかと思います。

ちぢれ麺って、短い間隔で縮れてますよね?
この間隔のような、細かい振動のビブラートの事を、
ちりめんビブラートと言うのが正解ではないかと思います。

 

ちりめんビブラートを使う歌手は?

歌手の中で、誰がちりめんビブラートを使っているのかは、
わかりやすいのはGacktさんですね。

Gacktさんの楽曲では、多くの場所でちりめんビブラートが
使われているんですよね。

Sponsored Link

Aメロとかサビとか関係なく、常にビブラートで震えているような、
そんな歌声ですよね。

他にも、いろいろな歌手の人がちりめんビブラートを使う事が
多いのですが、常時使っているような歌声の歌手で言えば、
やっぱりGacktさんがわかりやすいと思います。

1つの曲の中で、一部分をちりめんビブラートで歌っている人はいますが、
まあ、細かい振動のビブラートをちりめんビブラートと思ってもらえると
わかりやすいのかなと思います。

 

ちりめんビブラートのやり方は?

ちりめんビブラートのやり方なんですが、
これ、教えるのって難しいんですよね。

ちりめんビブラートに限らず、歌は感覚なので、
どう伝えればいいのかが難しいのですが、
そこを踏まえたうえで書いてみますね。

 

ちりめんビブラートとは、喉のビブラートです。
ビブラート自体、ある程度のロングトーン(声を伸ばすところ)で
使う事が多いので、そういうところで練習するといいですね。

まず歌声って、必ず喉を通りますよね?
ちりめんビブラートは、声が喉を通る時に、
喉を細かく震わせる感じです。

 

場所で言えば「喉の奥」でしょうか。
ここで、声帯から出た声を震わせるイメージで、
喉には若干ですが力が入っています。

「力が入る」というよりは、
「喉の奥を動かすから力が入っているように見えて、実は脱力している」
という表現のほうが近いと思います。

自分の場合は、喉の奥を震わせていると共に、
あごも若干ですが震えています。

 

なので、ちりめんビブラートは喉でかけるもので、
もともとビブラートが出来ている人は、その間隔を狭めると、
ちりめんビブラートになりやすいと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。