ヘッドボイスの響きはどこにどう響かせる?

歌い方の中には、特に高音を出す事に特化した発声方法で、
「ヘッドボイス」というものがあります。

ヘッドボイスとは、かなりの高音が出せる発声方法なんですが、
発声の仕方としては裏声の出し方で、さらに響きを加えた発声です。

Sponsored Link

この「響き」なんですが、ヘッドボイスの場合、
どこにどう響かせればいいのかがわからない場合が多いみたいです。

 

ヘッドボイスの響きは?

ヘッドボイスは、日本語で言うと「頭声」と書きます。
なぜヘッドボイスがこう呼ばれるのかというと、
頭に響くような声という意味合いだからです。

つまりヘッドボイスとは、頭に響かせる裏声という事なんです。
裏声だけではヘッドボイスにはならないですし、
息漏れの多い裏声をファルセットと言い、
息漏れの少ない裏声をヘッドボイスと言います。

ですが、息漏れの少ない裏声を頭部に響かせただけでは、
ヘッドボイスにはならないんです。

 

それでは、何をどうすればヘッドボイスになるのか?
それは、鼻腔共鳴もさせる事なんです。

Sponsored Link

ヘッドボイスがどのような成分で構成させれいるのか?ですが、
感覚的には、これらの成分ですね。

・息漏れのない裏声(裏声+声門閉鎖)

・頭部への共鳴

・鼻腔共鳴

これらが必要になると思います。

ただ、裏声を頭部に響かせようと発声した場合、
自然と声門は、閉鎖気味になると思うんです。
なので、あまり声門閉鎖は意識しなくてもいいかも知れません。
(あくまで感覚ですが)

裏声をしっかりと頭部・鼻腔に共鳴させれば、
ヘッドボイスになります。

ファルセットとは違い、芯があるような声質の裏声になれば、
それはヘッドボイスですね。

 

ヘッドボイスの感覚ですが、裏声が眉間や頭頂部から抜けるイメージですが、
頭頂部というよりは、眉間や額(おでこ)から出ているような感覚が、
ヘッドボイスだと思います。

もちろん、頭頂部から裏声を出す感覚も正解だと思うのですが、
裏声を「頭・鼻腔に響かせる」とした場合は、
頭頂部から声が出る感覚ではないと思うんです。

響かせる場所が頭と鼻腔の2ヶ所だからこそ、
感覚的には頭頂部よりも「眉間・額」あたりから声を出す感覚のほうが、
近いんじゃないかなと思います。

 

自分の感覚だと、ヘッドボイス発声時は、
頭に響かせようとはしていないんですよね。

主に声門閉鎖した裏声を鼻腔で共鳴させようとした時、
鼻腔での共鳴が頭まで響いている感覚というのが、
いちばん近いかと思います。

この鼻腔共鳴の仕方で、頭にまで共鳴する事があり、
その感覚が「頭と鼻腔に響かせる」なんだと思います。

 

裏声を出せるなら、そのまま鼻腔共鳴させてみて下さい。
これで足りなければ、声門閉鎖も意識する。
後は鼻腔共鳴の方向や強さなどで、頭に響きがある声が出る事があります。
このような感じでしょうか。

人によっては「頭に響かせる」というイメージを捨てて、
「鼻腔共鳴の結果、頭にも響いた」と考えたほうが、
習得は早いかも知れません。

恐らく声は眉間や額から出す感覚になると思うので、
それが「頭部で響かせている」という感覚の人はいると思います。
こればかりは感覚なので、いろいろと試してみるといいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。