高音を出すコツや練習方法は?簡単で即効性のあるやり方は?

カラオケに行くと、高音を出したくなりますよね。
いろいろな目的でカラオケに行くんだと思いますが、どんな理由であれ、高音をスコーンと出せると気持ちがいいものです。

Sponsored Link

 

ですが、なかなか高音が出せない方が多いみたいです。
確かに高音って、出し方やコツがわかっていないと出せないんですよね。

 

本来は高音って、たくさん練習した上で出せるようになるものです。
正直、時間がかかると思います。

 

ですが、「この方法なら、コツさえ掴めば高音を出しやすくなる!」という方法があります。
今回はその方法を書いていきたいと思います。
特に難しくはなく、簡単なほうだとは思うんですが、無理だけはしないで下さい汗

 

この方法に限った事ではないのですが、いちばんダメなのは、
無理して喉を痛めてしまう事だと思います。
そうならないように、自己責任で、無理のない範囲内で練習して見て下さい。

 

 

 

 

高音を簡単に出すコツや練習方法は?

まずこの方法なんですけど、特に男女別にやり方が変わることはありません。
男性でも女性でも、同じようにやってみて下さい。

 

まず最初に、裏声を出してみて下さい。
キーの高さは特になく、ご自分がいちばん出しやすい高さの裏声で大丈夫です。

Sponsored Link

 

その裏声を出し続け、そのままブレス(呼吸)をしないで、地声で発声してみて下さい。
息を吸ったり吐いたりしないで、一呼吸でこれをやってみて下さい。

 

これを文字で表すと、
「あ~~~(裏声)あ~~~(地声)」
という感じですね。
これを一呼吸でやるイメージです。

 

すると、あら不思議。
けっこう楽に、すんなりと高音が出せたんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

これには理由がありまして。
まず裏声なんですが、裏声を出している時って、声帯の形(形というか閉じ方・締め方)も、高音を出しやすいフォルムをしているんです。
なので、そのフォルムのままで地声を出しているので、普段よりも高音が出しやすくなるんです。

 

肝心なことを1つ言います。それは、
裏声から地声に切替える時、声量を強くしないことです。

 

もともと高音を出す時って、声量はそれほど必要ないんです。
なので腹筋のパワーを使って高音を出すとすると、高音が出ないばかりか、
喉や声帯を痛める原因となります。
なので、大きな声での実践は厳禁ですね汗

 

 

 

高音を出す時って、声帯は締めがちになるのが正解です。
ですが、大声を出そうとすると、その声帯が息の圧力で広がってしまうんです。
つまり、強い声量で歌えば歌うほど、「高い声で歌う為の声帯の締め方」からは遠ざかって行くんです。

 

この高音の出し方のコツとしては、地声を出す時に「鼻や眉間から声が出るイメージで声を出すこと」です。
それを意識してやってみると、ぜんぜん違って来ると思います。
注意事項をまとめると、

 

1・大きな声量は必要ない

2・声量は、普通に裏声を出している時と同じくらい

3・声は鼻や眉間から出すイメージ

 

これで、裏声から地声の変化で声を出してみて下さい。
それなりの高音を出せるようになっていると思います。

 

 

 

 

高音の出し方 ステップ2

そして、先ほどの高音は「出しやすいキーの高さ」で裏声を出しましたよね。
これを今度は「高めの高音」でやってみて下さい。

 

まずは、普通の高さでの「裏声~地声の変化」に慣れてみて下さい。
次は、最初に出す裏声を「自分の中では高めの高音」で出してみて下さい。
(自分の出せる最高音でやってしまうと、ちょっと辛いかも知れません)

 

ちなみに、高い裏声を出す時も、腹筋のパワーで出すようなやり方はしないで下さい。
先ほども書いたのですが、高音を出すのに声量は必要ありません。
これは地声でも裏声でも同様ですね。

 

喉を傷めないように気をつけてやってみて下さい。
特に声量が大きくならないように気をつけて下さい。
裏声から地声に切替える時、どうしても発声が強くなる傾向があるみたいなので、要注意ですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。