ファルセットの出し方やコツは?男も女も出しやすい方法は?

歌を歌う時、ファルセットは重要な意味を持ちます。
地声とは違う声質になるので、歌に深みを増すという意味合いもあると思います。
ですが、なかなかファルセットや裏声を出せない方も多いみたいです。

Sponsored Link

 

人間って基本的に、生きていく中でファルセットを習うことはありません。
確か音楽の授業でも、ファルセットはこう出す!みたいな授業内容って、たぶんなかったと思うんですよね。

 

なので、ファルセットの習得は独学になります。
ここが、マスターするのにいちばん苦労する原因なんじゃないかと思います。

 

たぶんどんな音楽の先生も、ボイストレーナーも、確実な出し方って説明出来ないと思うんですよ。
これが楽器なら、指の位置はここだとか、弾く強さがどうなど、細かく教える事が出来ます。
歌に関するテクニック的なことに関しては、まず声帯が見えないので、教えるのって大変だと思います汗

 

ですが、ここをこうすれば出しやすいとか、コツのようなものはあると思います。
コツを知っているか知らないかだけでも、かなり変わってくると思うんですよね。

 

 

 

 

ファルセットの出し方やコツは?

まず簡単だと思われるのが、芸能人やキャラクターの発声をマネするというものです。
意外と芸能人とかって、裏声を声質って出しているんですよね。

Sponsored Link

 

他にも、ゆるキャラなんかも多いと思います。
それよりも多いのは、アニメのキャラクターとかじゃないでしょうか?
(声優の方はプロなので、ホントにいろいろな声を出せますし)

 

このあたりに関しては、こちらにまとめてあります。
ファルセットとは?カラオケでの出し方と練習方法

 

 

 

これ以外の出し方なんですが、実際にカラオケで歌ってみてマスターする方法もあります。
よくカラオケに行く方は、一緒に行った方の歌を聴いていると思うんですが、
高音の時に、声が裏返っちゃってる人って、見たことないですか?

 

こういう方、けっこうよく見ると思います。
自分の声の限界を超えた時、声って裏返るんですよね。

 

ちょっと専門的な言い方をしますと、チェストボイスという地声に似ている発声があります。
このチェストボイスで出せる音域を超えた時に、出した声は裏声になりやすいんですよね。
なので、高音の歌(自分の歌声ではギリギリ出せないくらいの歌)を歌って、そこの高音にさしかかった時に、声は裏声になりやすいです。

 

ですが、鋭い方はここで、ある疑問点が出て来ると思います。
それは、
高音部分で声が裏返る前に、声がかすれたり、声自体が出ない、というパターンですね汗

 

 

 

実はここも、あるものが関係しています。
そこで、声が裏返るか、声が出ないかの二択になっていると思われます。

 

その「あるもの」なんですが、
それは声量なんです。
声量がなくなると、声がかすれてしまったり、声が出なくなったりするんです。

 

裏声になるのは、まだ声量が続いている(肺の中に空気が残っている)時です。
肺の中がからっぽだと、ファルセットにはならずに、かすれ声とかになりやすいです。

 

 

それでは簡単にまとめますが、

・肺に空気がある場合
高音の部分を歌えば、声が裏返りやすい
(ファルセットになりやすい)

 

・肺に空気がない場合
高音以外でも、歌声がかすれたり出なかったりしやすい
(ファルセットになりづらい)

 

 

たぶん最初のうちって、ファルセットを出すのにはそれなりに声量が必要です。
声量がない状態だと、なかなか難しいと思います。

 

それこそ、歌のワンフレーズ部分で、終わりの部分にファルセットがある歌ですね。
そこまで行かない段階でけっこう息を使っちゃって、その結果、声が裏返らない事は多いのではないでしょうか?

 

なのでここを打開するには、
歌の途中から歌い始めるというのがいいと思います。
もし誰かがいるのが恥ずかしい場合は、ヒトカラなら大丈夫ですよね?

 

 

どのあたりから歌い始めるのかは個人差があるんですが、そのフレーズの直前までは歌わないようにしてみるのもいいかも知れません。
フレーズの途中にファルセット部分がある場合は、ご自分が歌いやすいように微調整してみて下さい。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。