ミックスボイスと裏声の感覚は似てる?地声との違いや強い出し方は?

ミックスボイスの感覚というのは、けっこう個人差が出て来ると思います。
その人によっては感覚が違ったりするので、なかなか難しくもあるのですが、ミックスボイスと裏声の感覚に悩んでいる人も多いと思います。

Sponsored Link

 

まずミックスボイスとは、「裏声と地声が混ざった(ミックスされたような)声」という意味です。
あくまで「ミックスされたような声」なので、本当に混ざってるのではないんです。

 

大きくわけると、ミックスボイスには地声の要素もあり、裏声の要素もあり・・・
なので、余計に悩んでしまうんですよね汗
特に感覚に関しては、10人いたら10通りの解釈があってもおかしくはないと思います。

 

 

 

さて、それではミックスボイスと裏声の感覚なのですが、人によっては、

 

・ミックスボイスは地声に近い感覚

・ミックスボイスは裏声に近い感覚

 

この2つに大別されると思います。
そして自分の感覚なのですが、どちらかと言えば、
裏声に近い感覚になると思います。

 

地声を出しているよりは裏声を出している感覚に近いです。
ただ大切な事なんですが、
ミックスボイスと裏声は、全く同じ感覚なのか?というと、決してそうではないと思います。
(あくまで自分の感覚なのですが、この感覚の方は多いと思うんですよね)

 

 

 

結局のところ、ミックスボイスって「基本は裏声」なんですよね。
そこに響きを加えたものが、ミックスボイスなのではないかと。

 

なので裏声と全く同じかと思いきや、裏声に地声の成分(つまり響き)を加えると、この響きを加える動作で、声が裏声の出し方ではなくなっているんですよね。
中には裏声とミックスボイスは同じ感覚だという方もいらっしゃると思います。
なので大きく分ければ「裏声に近い感覚」というのが、間違いないのではないでしょうか?

Sponsored Link

 

この「裏声に近い」も、ニュアンスがちょっと難しくてですね・・・
うまく言えるのかわからないのですが、こんな感じです。

 

まず地声。
これは、普通に話している時の声ですね。

 

次に裏声。
これはまあ、世間一般で言われる「声が裏返った時」ですね。

 

この世に声の出し方が2つあるとします。
それは地声と裏声です。
そう考えると、ミックスボイスというのは「地声(話し声)とは違う感覚」という意味での「裏声に近い」という感覚なんだと思います。

 

なので、ミックスボイスの練習時には、裏声ベースで練習をしてしまってもいいと思います。
結局は地声との違いは「ミックスボイスの発声ベースは裏声」という点です。
聴いているほうは地声に聞こえるけど、発声しているほうは裏声に近い。
それがミックスボイスの特長だと思います。

 

 

 

あとはミックスボイスを強く出す方法ですが、そもそもミックスボイスは、声量がそれほど必要ない発声方法です。
なので強く出すというよりは、弱く確実に出せるように練習して、その過程が終わったら強弱を考えればいいと思います。

 

1つ言えば、ミックスボイスを強く出すのなら、響きをより増やすというか、増幅させるというか、そういうイメージでしょうか。
声そのものを強く出す感じではないとは思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。