ビブラート(カラオケ)で横隔膜の揺らし方は?コツや練習方法は?

歌唱法の1つとして大切なのは、ビブラートではないでしょうか?
声を揺らす(振動させる)事で、歌声にも深みを与える事が出来ます。
ですが、コツや練習方法などを知らないと、苦戦する部分でもあるんですよね。

Sponsored Link

 

まずビブラートなんですけど、2つの方法があります。
それは、横隔膜を揺らす方法と、喉で声を揺らす方法です。
こちらのページでは、横隔膜を揺らせてビブラートをかける方法に関して書いて行こうと思います。

 

正確にはこの2つの方法のうち、正しいのは「横隔膜を揺らせる方法」みたいですね。
喉でビブラートをかけるのもいいんですが、横隔膜を使ったかけ方が正しいらしいです。

 

僕としてはまあ、ビブラートがかかればどちらでもいいと思います。
特に、カラオケなんかは趣味の範疇(はんちゅう)なので、まあビブラートがかかればそれでOKだと仮定してます。

 

それでは、横隔膜を使ったビブラートの方法です。

 

 

 

 

ビブラートを横隔膜で揺らせる方法は?

ここに関しては、まず大切なのは、
横隔膜がどこにあるのかを知っておく必要があると言う事です。

 

ここがわからないと、横隔膜で揺らせないですからね汗
ですが、意外と知らない人も多いみたいです。

Sponsored Link

 

横隔膜の場所なんですけど、簡単にいうと「みぞおちの下あたり」になります。
みぞおちはあばら骨の近くにあると思うんですけど、その下あたりに円形になっている膜があります。

 

そこを揺らせる事で、ビブラートをかけるんですが・・・
お試しというか、誰でも簡単に「横隔膜のビブラート」を体験する事が出来るんです。

 

 

 

まずみぞおちの少し下に、手のひらを当ててみて下さい。
次に声を出しながら、その手のひらを何回か押してみて下さい。
(軽くで大丈夫です。強く押すと「うっ・・・」となります汗)

 

みぞおちの下(つまり横隔膜)を押したぶんだけ、声も震えている(揺れている)のがわかると思います。
この揺れを、手のひらを使わずに揺らせるのが、
横隔膜を使ったビブラートです。

 

 

それでは順番に、ビブラートのかけ方を書いて行きますね。

 

1・横隔膜付近に手のひらを当てる

 

2・声を出さなくていいので、手のひらを軽く押す

 

3・その押された部分に力を入れて、手のひらを押し戻す

 

まずは声を出さなくていいので、
手のひらで押した横隔膜を、腹筋の力を使って押し戻すことを練習してみて下さい。

 

その感覚がわかるようになったら、手のひらを使わないで、腹筋の力だけで押しこんだり押し返したりして見て下さい。
最初はゆっくりでいいので、手のひらを使わずに横隔膜を押し入れて、押し返して。
感覚が掴めてきたら、それを早くやってみて下さい。
(早くと言うよりは、少しずつスピードを早めていくほうがいいと思います)

 

 

 

まず最初は、横隔膜を動かすことから慣れたほうがいいですね。
日常生活の中で、横隔膜を揺らせる事なんて少ないですからね汗

 

いちばん身近な横隔膜を揺らせる出来事って、しゃっくりだと思います。
しゃっくりって横隔膜の痙攣(けいれん)なので、その時以外は揺らせる必要はないと思います。

 

ご自分がしゃっくりをした時を思い出して欲しいんですけど、しゃっくりをするたびに横隔膜が動いてます。
ホントにひどいしゃっくりだと、横隔膜付近が筋肉痛みたいになる事もあります汗

 

もしかしたら、しゃっくりが出ている時って、感覚を掴めるかも知れません。
横隔膜のビブラートを「短いしゃっくりが連続で出ている時」を想像してみると、コツが掴めるかも知れないですね。

 

何にしても、横隔膜を自分で動かすタイミングなんて、しゃっくり以外はないんじゃないでしょうか?
厳密に言えば、しゃっくりも自分で動かしているわけではないですからね汗

 

大切なのは、自分で横隔膜を揺らすという行動そのものです。
「揺らす」というよりも、最初は「動かす」という認識でもいいと思います。

 

幸い、横隔膜を動かす練習って、声を出す必要がありません。
練習する時も、例えば通勤通学中。バスや電車の中、休み時間や休憩時間など。
意外と練習が出来るタイミングって、多いと思います。

 

これがミックスボイスやヘッドボイスの練習となると、ちょっと声を出さないと難しいと思います。
なので、横隔膜のビブラートは、練習時間は割と取りやすいんじゃないでしょうか?

 

 

まずは横隔膜を動かす事に慣れる事です。
後は横隔膜を短いスパンで動かせるようになると、かなり違うかも知れないですね。

 

最悪は、喉を使ったビブラートでもいいと思います。
たぶん喉ビブも、やりやすいとかやりづらいとかの個人差があると思います。
ですがそれは、横隔膜を使ったビブラートでも同じなんですよね。

 

なので、出来れば両方のビブラートを並行して覚えるといいと思います。
どちらかの方法でビブラートが出来るようになればいいわけですからね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。