歌声を地声じゃなくする方法でお勧めの方法は?裏声ミックスボイス?

歌う時の発声なんですが、歌声というのは基本的に地声ではありません。
声質のジャンル(種類?)としては裏声になるんですけど、けっこう多いのが「歌う時に地声になってしまう」という方です。
歌声を地声じゃなくする方法や改善策はあるのでしょうか?

Sponsored Link

 

まず歌声なんですが、通常は地声ではありません。
プロの歌手の人だと、地声のような声質でとても高音の発声をされている方も多いのですが、あの発声は「ミックスボイス」という特別なものです。

 

ですがミックスボイスの習得はかなり難しく、教える側も感覚頼りになるので、そこも習得が難解な部分に拍車をかけています。
もしミックスボイスに関心があれば、こちらからご覧下さい。
ミックスボイスの出し方 練習方法や感覚・コツがこれでわかる!

 

 

 

 

さて、歌声を地声じゃなくする方法に戻りますが、結局なんでこうなってしまうのかというと、
話す時と同じ発声の仕方で歌ってしまっているからですね。

 

実は話す時の発声の仕方と、歌う時の発声の仕方って、ぜんぜん違うんですよ。
でも、例えば学校なんかで合唱部に入っているとか、声楽を習うとか以外だと、こういう部分って教わるところ(タイミング)が全くありません。

 

中には感覚だけで、なんとなく歌声の発声が出来ている方もいます。
でも、割合としてはそれほどは多くないと思います。

Sponsored Link

 

というように、歌声の発声は習う機会ってかなり少なく、感覚的にも把握していなければ、自然と「話している時と同じ発声方法で歌を歌っている」となるケースが多いです。
たぶんこういう方は、過半数以上がそうなっちゃうんじゃないでしょうか?
(自分もけっこう長い間、話し方と歌い方が同タイプでしたが汗)

 

 

 

 

歌声を地声じゃなくする方法は?

まず簡単に言うと、正しい歌声の発声って、裏声に近いです。
なので裏声で歌を歌い続ける事が、意外と効果的だと思います。

 

人間って基本的には、あんまり裏声を発しない生活をしているんですよね。
よく思い出してみて下さい。
過去1年間で、カラオケや歌っている以外で、裏声を出した時を覚えてますか?

 

 

たぶん覚えていない(というか、裏声を発してない)んだと思います。
きっと良くても、笑った時に裏返っちゃったとか、そんな感じだと思います。

 

このように、人間って圧倒的に裏声を出していないんです。
かたやプロの歌手やボイトレに行っている方は、トレーニングの一環で頻繁に裏声を出しています。
なので個人的には、もっともっと裏声を出す機会を増やしていったほうがいいと思います。
歌う時以外でも、極力は裏声を出せるタイミングを伺っていたほうがいいんじゃないでしょうか?

 

 

1人で家にいる時に、なるべく裏声を出して見るとか。
お風呂に入浴中、ちょっと裏声で歌ってみるとか。
意識すれば、けっこう裏声を出せるシーンって多いと思います。

 

そして、これは合っているかどうかわかりませんが、自分の体験談です。
僕はヒトカラにけっこう行っていた時期がありました。
まだぜんぜん歌えなかった時の話しですね。

 

だいたい昼から行って、12時から19時くらいまで。
時間にして7時間くらい歌っていた時があります。
(もう体力的にきついですが汗)

 

そして、終盤のほうで、不思議な体験がありました。
それがどんな体験なのかというと、
裏声を出している時の発声の仕方で、地声のような響きの高音が突然出た事です。

 

これは、ただ単に「体が疲れていたので、喉や声帯もリラックス(脱力)していて、それでいて裏声の発声をした時に、いろいろな偶然が重なって高音が出た」と解釈しています。

 

なので、疲れている時に裏声で歌うのは、意外とアリなんじゃないかと思ってます。
ただ、疲れている時に歌うのと、喉や声帯を酷使するのは別問題です。
喉や声帯に無理をするのではない事は注意項目として記載しておきます。

 

どんな練習でも、喉を傷めたらダメですからね。
歌の練習方法はいろいろとあると思うんですけど、
「喉や声帯に違和感を感じたら練習を中止する」。
これは絶対条件だと思います。

 

この点に気をつけて、なるべく裏声を出す機会や、裏声で歌う機会を増やしてみて下さい。
感覚的な事で難しいんですけど、コツを掴みやすい方法だと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。