咽頭共鳴(いんとうきょうめい)とは?場所や使う歌手名は?

共鳴というのは、歌う時にはいろいろと必要になってきます。
一般的には「鼻腔共鳴」という、鼻の穴の奥にある空洞を使用することが多いです。

 

ですが、中には咽頭共鳴(いんとうきょうめい)という部分も使う事が多いです。
場所なども順番に解説して行きます。

Sponsored Link

 

 

まず咽頭共鳴なんですが、そのまま咽頭(いんとう)を使って声を共鳴させる方法です。
この「咽頭」なんですが、簡単に言えば喉の奥の部分です。

 

共鳴だと、鼻腔共鳴が鼻の空洞。
口腔共鳴が口の中にある空洞。
そして咽頭共鳴は、喉の奥にある空洞(というか隙間)で声を共鳴させる方法と捉えればわかりやすいと思います。

 

 

結局は、歌う時に声量を上げたり響かせる方法って、声の共鳴なんですよね。
その中で、どの空洞を使用するか?事になってきます。

 

咽頭共鳴なんですが、僕的にはそこまで重要視はしていません。
感覚的な優先順位だと、

 

1・鼻腔共鳴

2・口腔共鳴と咽頭共鳴

 

という優先順位になってきます。
(これは、咽頭共鳴を軽視してもいいというわけではありません)

Sponsored Link

 

まず基本的に、鼻腔共鳴が最も効果的です。
それは、鼻腔がいちばん空洞が広く、共鳴もさせやすいと言う事から、
鼻腔共鳴を使う歌手が多いんですよね。

 

 

正直、どの歌手がどの共鳴方法を使っているのかは、本人でないとわからないと思います。
ですが、共鳴を使っている人の多くは、鼻腔共鳴・口腔共鳴・咽頭共鳴の全てを使っていると考えられます。

 

先述した通り、鼻腔共鳴がいちばんマスターしやすいと思うので、そこから口腔共鳴や咽頭共鳴をマスターして行けば、順番としてはいいのではないでしょうか?
ちなみに、鼻腔共鳴に関してはこちらです。
鼻腔共鳴の感覚やコツは?練習方法は?

 

 

プロの歌手の方は、恐らくその3つ使っていると思うんですが、まず多いのは鼻腔共鳴。
これは、全ての歌手の方が使っているのではと推測しています。
やりやすいし効果的なので、使わない理由はあんまりありません汗

 

 

鼻腔共鳴を使わない理由としては、声のイメージをクリアにしたいとか、共鳴を使わない発声をした場合ですね。
まあ、あくまで「鼻腔共鳴は出来るけど、敢えて使わないで歌う」という方向性です。

 

他には、より多くの共鳴を得たい場合は、咽頭共鳴も使われる事が多いです。
僕としては、口腔共鳴と咽頭共鳴のやり方は似ているので、イメージとしては「鼻腔共鳴以外の共鳴方法」として、口腔共鳴と咽頭共鳴を同列に考えています。

 

特に、最近ではよく言われるミックスボイス。
基本的には、ミックスボイスを取得する為には、
3つの共鳴方法全てが必要だと考えています。

 

 

厳密に言えば、共鳴はいっさい無くても、ミックスボイスの発声は出来ると思います。
ただ、そこに共鳴を加えた方が、さらに質の良いミックスボイスへと変化していくと思うんですよね。

 

ミックスボイス以外でも、共鳴は必要ではあります。
例えばチェストボイスなんかでも、共鳴が加わったほうが、より声量も上がり、声の質も良く聞こえます。
(お笑い芸人・麒麟の川島さんなんて、響いて聴き心地の良い低音ですよね?)

 

歌に限っては複数の共鳴(鼻腔・口腔・咽頭)が出来た方がいいとは思います。
「出来るけど使わない」のと「出来ないから使えない」では、全然違いますからね。

なお、咽頭共鳴の詳しいコツややり方に関しては、こちらに記載しています。
咽頭共鳴腔の広げ方とコツややり方は?練習方法は?(いんとうきょうめい)

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。