声質の改善は鼻声に変える?声質を良くする方法(カラオケ&話し声)

カラオケにしても話し声にしても、声質が気になる方は意外と多いんですよね。
自分の話し声だったり歌声って、好き嫌いが分かれる人もいると思います。
どちらのパターンでも、今現在の声質を改善させる方法はあるのでしょうか?

Sponsored Link

 

まずこれは、カラオケで歌う時も、話している時の声も共通です。
より良い声質を目指すためには、鼻声が重要だと思います。
つまり、鼻腔共鳴(びくうきょうめい)が必要という事ですよね。

 

声は共鳴させる事で、響いた良い声になると思います。
いちばん簡単な例で行くと、お風呂場の中などで声を出すと、響いていて綺麗な声になると思います。

 

もともとの声質がしゃがれ声だったり、掠れ(かすれ)やすかったりしやすい声質の方も多いとは思います。
ですが、響いた声が良い声に聞こえるのは、間違いないんですよね。

 

鼻腔共鳴は、声を鼻腔(鼻の奥の空洞)に響かせるので、鼻声に近い発声方法になります。
空洞に音(声)を入れれば、自然と共鳴されるので、音の入れ方さえわかっていれば、そこまで難しくはありません。
そこは、弦楽器などと同じだと思います。

 

 

わかりやすく言うと、ギターなんかも空洞に入った音が響いて、良い音に変化します。
歌声や話し声なんかも、それと同じ事なんですよね。

Sponsored Link

 

特に鼻腔に音を入れる方法は、かなりやりやすいと思います。
慣れれば使い勝手が良いのも、鼻腔共鳴ではないでしょうか?

 

この鼻腔共鳴なんですけど、具体的にどうすればいいのか?などは、こちらに記載しています。
この共鳴方法は知っていると便利ですし、けっこう必須のテクニックかも知れません。
鼻腔共鳴の感覚やコツは?練習方法は?

 

 

 

声質の改善方法は?

声質に関してですが、僕の中では、とある組み合わせで声を出してみるといいと思います。
まずその前に必要なのが、
3つの共鳴方法があるという事です。
具体的には3つではないんですが、そこもちょっと書いて行きます汗

 

とりあえずは、その3つ+1つを説明して行きます。

 

1・鼻腔共鳴(びくうきょうめい)
鼻の空洞を使った共鳴方法

 

2・口腔共鳴(こうくうきょうめい)
口の中の空洞を使った共鳴方法

 

3・咽頭共鳴(いんとうきょうめい)
喉の奥の空洞を使った共鳴方法

 

4・全身を使った共鳴
例えばオペラ歌手の方は、全身を使って共鳴させるみたいです。
具体的には、胃の中などの空洞も共鳴させる為に使うみたいです。

 

※口腔共鳴・咽頭共鳴に関してはこちら
咽頭共鳴(いんとうきょうめい)とは?場所や使う歌手名は?

 

 

 

声質の改善は、上記3つ(鼻腔・口腔・咽頭)の共鳴と、
地声・裏声を使って行くと、声質もかなり変わってくると思います。

 

僕の中では、口腔共鳴と咽頭共鳴は似ています。
なのでこの2つを同一の共鳴方法とすれば、この4パターンの声質が作れます。

 

1・裏声+鼻腔共鳴

 

2・地声+鼻腔共鳴

 

3・裏声+口腔共鳴(咽頭共鳴)

 

4・地声+口腔共鳴(咽頭共鳴)

 

この地声と裏声に関してですが、特に女性なんかだと、電話に出る時に声が高くなる人がいるじゃないですか?
話し声にすると、あんな感じのイメージです。

 

カラオケなどの歌声に関しては、地声と裏声。
話し声に関しては、普通の声とちょっと高くした声。
そしてそれぞれに、共鳴を加えていくというイメージでしょうか。

 

 

よく引き合いに出される芸能人が、藤岡弘(藤岡弘、)さんでしょうか?
かなり響いていて、低音の良い声質ですよね。

 

個人的に思うのですが、藤岡弘さんの場合は、
「低音の地声+鼻腔共鳴+口腔共鳴+咽頭共鳴」
のような気がします。
いろいろな場所で声が響いていると感じるくらい、共鳴が強いイメージです。

 

 

このように、地声と裏声(または普通の地声と高めの地声)に対し、いろいろな共鳴をさせる事で、
複数の声質が作れると思います。

 

特に歌声に関して言えば、「裏声+鼻腔共鳴」がいちばん高い声が出しやすいです。
反対に地声と口腔(咽頭)共鳴は、低い声が出しやすいイメージです。

 

話し声に限っても、組み合わせを変えてみると、けっこう違った声質が出せるんじゃないでしょうか?
実際に録音しながら聴いてみると、もっとわかりやすいかもしれません。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。