カラオケで喉が枯れた時や痛い時の対処方法は?お勧めのど飴や薬は?

長時間のカラオケなどでは、喉を傷めてしまう事もありますよね?
喉が枯れてしまったり、喉が痛かったり、声が出にくくなってしまったり。
そんな時は、早めに喉のケアをしてあげないといけません。

Sponsored Link

 

喉のケアなんですが、やっぱりうがいがいいと思います。
うがい薬を使ってうがいをするか、塩を適量入れた塩水でうがいをするかですね。

 

ただ、外出先で喉が痛い時だと、うがいをするタイミングがなかったりしますよね?
いつでもどこでもうがいが出来ればいいんですけど、
基本、屋外でうがいをしている方を見たことがないですし、屋内限定でうがいが出来る場所って、なかなか無いんですよね汗

 

 

そういった時、便利なのが「のど飴」の系統ですよね。
電車内とか車の中、場合によっては仕事中でも、のど飴を舐められるタイミングは多いと思います。

 

ただ肝心なのは、
どののど飴が効果的なのか?ですよね。

 

けっこう探してみると、のど飴って種類が多いんですよね。
書いてある効能も、いろいろな効能があって、意外と絞りきれなかったりします。

 

 

いま僕が主に使っているものは、2種類あります。
のど飴なので、もちろん歌った後以外でも、使える用途がたくさんあるんです。

 

風邪を引いて声が出ない時。
仕事中などに声を出し続けて喉を傷めた時。
外出先から帰ってきて、喉がイガイガする時。
使う機会はかなり多いんじゃないでしょうか?

Sponsored Link

 

僕の中では、これから紹介する2種類ののど飴は、どちらかを持っていると便利だと思います。
カラオケの後だけで使うなら量が多い物もあるんですけど、
けっこう使っちゃう事が多いんですよね汗

 

 

 

お勧めののど飴2種類は?

個人的な意見なのですが、この2個は使った事があり、今でも手元に置いてあります。
たぶん個人差があって、どちらも効果がある人もいると思いますし、どちらも効果が薄い人もいらっしゃるかも知れません。
そこは使ってみないとわからないので、ひとまず2つをご紹介します。

 

・ヴィックスドロップ
僕が買ったのは、50個入りのものですね。
味はオレンジとレモンがあるのですが、どちらも味としては美味しいと思います。
好みで言えば、オレンジの方がちょっと好きな味です。

 

個人的には薬の味がしにくいのでは?と思っています。
普通のキャンディーに比べれば薬っぽいとは思うんですけど、
今は違和感なく使っています。

 

50個入りは、5つ入りのスティックが10本入っています。
バッグの中などに2本くらい入れておくといいかも知れません。

 

 

 

・浅田飴
浅田飴も有名なのど飴になるかと思います。
こちらか缶に入っていて、50個入りですね。

 

50個入りは2種類あって、クールとパッションがあります。
今はクールを使っているんですけど、パッションは南国フルーツみたいな味だそうです。
クールはミントに近い味ですが、ミントほどの清涼感はありません。
こちらはヴィックスドロップよりも、やや薬の味はするかも知れません。
ですが慣れれば全然気になりません。

 

 

 

ヴィックスドロップと浅田飴なんですけど、これは効果に個人差があると思います。
後は味が好きかどうか?だと思います。
ちなみに龍角散は味が苦手なので、今回は除外しました。
(個人差の問題ですが)

 

なお、ヴィックスドロップには砂糖が入っていますが、浅田飴はノンシュガーです。
(甘味はあります)
ここでも、好き嫌いは分かれるところかも知れません。

 

味としては、ヴィックスドロップのほうが好みです。
ですが、数を使うならノンシュガーの浅田飴もいいですよね。

 

スティック状で携帯しやすいのはヴィックスドロップです。
浅田飴は缶ごと入れるか、何かの容器に移し替えるしかないですよね。

 

効果なんですが、僕はどちらも効果がありました。
後は完全に、使う方の好みの問題となってくるんですよね。

 

ただ、どちらかはカラオケに行く時は持って行った方が、安心は出来ますよね。
カラオケ後に1粒だけ口に放り込んでおくだけで、その後の声の出方も変わってくるかも知れません。
(僕は変わりました)

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。