カラオケで歌う前にすることやることは?発声のしやすさが変わる?

けっこうカラオケに行く機会って、多いと思うんですよね。
もし前日にわかっていればそれなりに準備も出来ると思うんですけど、突然こう言われる事があります。

「いまからカラオケ行こう」

そんな緊急の時など、カラオケで歌う前にすること、やることがわかっていれば安心です。

Sponsored Link

 

 

まず大きく分けると、3個あると思います。
その3つを覚えておくといいと思いますし、3つ全てではなくていいので、1~2個(出来れば全て)をやれるといいですね。

 

その3つの中で、確実に出来るものが2つあります。
残りの1つは、まあ出来ればやったほうがいいかも知れません。

 

まず3個全てを書くと、

 

1・声帯のストレッチ

2・飲み物の注文

3・油分の摂取

となります。

 

順番に書いて行きますね。

 

 

 

声帯のストレッチ

まず声帯のストレッチは、声の出しやすさに関係してきます。
例えば運動前って、どのスポーツもストレッチだったり、柔軟体操ってやりますよね?
声帯のストレッチも、運動する前の準備運動などと同じと思って頂けると、わかりやすいと思います。

 

サッカーなんて、控え選手がよくランニングだったり柔軟体操をしている部分を見たことがある方も多いと思います。
野球の選手でも、キャッチボールだったりブルペンでの投球など、体を動かすのが当たり前になっています。

 

ですが、人間の声帯って見えない部分じゃないですか?
それを、どうやってストレッチするのかというと、
エッジボイスで、小刻みに振るわせる事です。

 

 

エッジボイスをわかりやすくいうと、ゾンビなどが出す事が多い「うああああ・・・」みたいな、地の底から出ているような低音です。
このエッジボイスは、声帯のストレッチになるんです。
なので歌う前には、30秒くらいやったほうがいいと思います。

 

参考までに、話し続けた場合の声帯は、声帯同士がバチバチ当たって声が出ているので、声が枯れたりします。
かたやエッジボイスは、(たぶんですが)声帯は衝突せずに、軽く震えるだけになります。

 

なので歌う前には、エッジボイスで声帯のストレッチをやると効果的です。
特に冬なんかは、夏と比べても声帯のストレッチは必要です。

Sponsored Link

 

 

エッジボイスは一見、声帯に負荷がかかりそうな発声です。
ですが先述した通り、声帯に負荷をかけずに震えさせる事が出来ます。

 

声帯は自分では触れない部分ですので、ストレッチをする方法はエッジボイスしかないと思います。
エッジボイス自体もぞれほど難しくない発声方法ですし、発声のしやすさも変わって来ます。
ぜひやってみて下さい。

 

 

 

飲み物の注文と、油分の摂取

これは、3つのうちの2つですが、まとめて解説します。
似ている部分になっちゃいますし、分けて書くよりも1つにまとめたほうがわかりやすいと思ったので。
手抜きではありません。
すみません汗

 

まず飲み物ですけど、喉には冷たい飲み物より、温かい飲み物のほうが良いんです。
最近のカラオケでは、ドリンクバーでもホットとかありますよね?
なので、可能な限りはホットドリンクが喉には良いですね。

 

でもこれは、プロとかがレコーディング前には気をつける部分で、一般の方がカラオケに行くんだったら、そこまで気にしなくてもいいと思います。
「冷たい飲み物でも温かい飲み物でもいいや」という時には、
間違いなく温かい飲み物のほうがいいですよね。

 

まあ、僕は夏場にホットドリンクは厳しいので、コールドドリンクを注文してます。
温かい飲み物もいいんですけど、僕は「気分良く歌える方を優先して、夏場はコールドドリンク」にしています。

 

 

 

そして、3個目の油分。
油分も、喉にはいいんです。
そして、2個目の「温かい飲み物が良い」と合わせて考えたら、
実はラーメンって、カラオケ前には理に適った(かなった)食べ物なんですよね。

 

スープそのものが熱いですし、油分も入っています。
最近ではカラオケの中でも、フードメニューでラーメンがあったりします。
カラオケに行く前に食べてから行ってもいいと思います。

 

他にも、油分が入った温かい飲み物って、喉にはいいですね。
ラーメン以外でそういうフードメニューがあったら、注文してもいいと思います。

 

 

以上、3つがカラオケ前にやること・することです。
他にも基本的には「首や腰のストレッチ」があります。
ラジオ体操みたいに、首や腰を回したりするんですけど、僕自身が特にやっていない項目なので、割愛させて頂いてます。

 

最低限、エッジボイスでの声帯ストレッチは必要です。
後はドリンクメニューやフードメニューで、可能な限りはやってみたほうがいいかもしれないですね。
それにプラスして、首とか腰の全身ストレッチもするといいのかも知れません。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。