地声で高い歌声を出す方法や練習方法は?男女共通のコツや出し方は?

歌う時の声は、種類がいろいろとあります。
その中でも、地声のような強い発声で歌が歌いたい人は多いと思います。
ただ、地声で強い歌声を出すには、方法や出し方があります。

Sponsored Link

 

例えば、昨今の歌番組で、いろいろな歌手の方が歌っているのを観る(聴く)事が出来ます。
中には、地声でもかなりの高音を出している方も多いです。

 

でも、いざ自分でそのような歌声を出してみようとしても、なかなか高音にはなりません。
高い声よりも、大きな声になってしまう場合が多いと思います汗
高い声を出そうとすると、大声みたいな発声になっちゃいますよね。

 

 

実はこれ、発声自体が間違っているんです。
正解だと「地声のように聞こえていても、地声ではない」となります。

 

それでは、どのような発声方法なのかというと、
ミックスボイスという発声方法なんです。

 

このミックスボイスについては、こちらで解説しています。
ミックスボイスの出し方 練習方法や感覚・コツがこれでわかる!

 

 

 

ミックスボイスという発声は、裏声のような発声でも、聴こえ方が地声のような響きになる発声方法です。
多くの歌手の方が、このミックスボイスを使っています。

 

なので、歌番組で地声の高音のように聞こえても、それはミックスボイスの発声だという確率は高いですね。
話している時のような地声とは、全く異なる発声の仕方です。

 

そのあたりの発声に関しては、先ほどのリンク先で解説しています。
気になる方は、見てみて下さい。

Sponsored Link

 

きっと地声そのもので高音を出すよりも、ミックスボイスで高音を出した方が、声帯への負担も少なく、お勧めです。
ただし、習得まではけっこうな時間がかかるので、長期間の練習が必要だと思います。

 

 

ここで話はそれますが、もし地声のままで高音を出したい場合は、「鼻腔共鳴」という技術も必要になってきます。
正直なところ、地声だと、高音の限界点(最高音)は、小さめだと思います。

 

そもそもの話ですが、地声自体が歌う時の発声には向いていないんですよね。
どうしても大声になりがちなので、その結果、声帯を痛める原因にもなります。

 

ミックスボイスだと、発声時の感覚は裏声と似ているので声帯への負担は少ないです。
可能な限りは、ミックスボイスのようは発声方法を身につけたほうがいいと思います。
ミックスボイスの出し方 練習方法や感覚・コツがこれでわかる!

 

 

わかりやすく言うと、Official髭男dismのPretenderも、かなりの高音ですが、発声はミックスボイスです。
地声よりも裏声の要素が強いミックスボイスだと思います。

Sponsored Link

 

Pretenderの場合、最高音はhiC(ハイシー)という高さです。
男性が歌うには、かなり高めの音域だと思います。

 

hiCくらいの高さになると、地声ではまず出ない高さです。
ですが、ミックスボイスでなら出せる高さですね。

 

聴いた感じだと、Official髭男dismのボーカル・藤原聡(ふじはらさとし)さんの歌声は、地声のような声質に感じる方が多いと思います。
ですが地声ではないので、あのような高音が綺麗に出せるんですよね。

 

基本、地声で高音を出すような練習方法とか、コツなどもあんまりないと思います。
地声で歌を練習するよりは、ミックスボイスなどの練習をしたほうが絶対に良いと思います。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。