カラオケでオク下は上手い?下手?聴いている側の印象や感覚は?

いわゆるオク下(オクターブ下)なんですが、これはキーを1オクターブ下げて歌う事です。
キーの高い歌だと、ちょっと声が出ないという方は、オク下で歌う事もあります。
ただ、オク下で歌った場合は、上手く聴こえるのでしょうか?聴こえないのでしょうか?

Sponsored Link

 

実は芸能界でも、プロ以外では「オク下だけど歌がうまい」という方がいます。
たぶん何人かいるのですが、僕が聴いてみた中ではぐっさん(山口智充さん)ですね。

 

山口智充さんはテレビで歌う事もけっこう多かったので、歌声を聴いたことがある方も多いと思います。
くずというユニットでも、宮迫博之と山口智充の2人でCDを出してた音もあります。
ただ、歌を聴いて上手く聞こえるかどうかは、個人差によると思います。
僕の感想では「すごく上手いけど、違和感が拭いきれない」といった印象です汗

 

 

山口智充さんは、基本的にかなり歌はうまいと思います。
テクニック的には素晴らしいものを持っているんじゃないでしょうか?

 

ですが、中には僕と同じように「キーを低くしている事で、違和感を感じる」といった方は、けっこう多いと思います。
割合としては、たぶんそう感じる方は少なくないんじゃないかと。

 

友人や知人の方とカラオケに行った時でも、
上手いんだけど、なんか違和感があるなあ、と感じた事がある方も多いかも知れません。

 

誰かの歌を聴いてみて、はっきりと「オク下」だとわかる方は、少ないとは思います。
ですが、感覚的に「なんか原曲キーより低い気がする」と感じる方の割合は、けっこう多いのでは?と感じています。

 

 

 

もちろん、カラオケや歌は楽しむもので、好きなキーで歌えばいいと思います。
ですが、XJAPANのような高音曲が低いキーで聴こえた場合は、
独特のかっこよさも、消えがちになっちゃうと思います。

 

XJAPANのENDLESS RAINなんかは、バラードを高音で歌うのがかっこよさだと思います。
そこを、オク下のようにキーを下げてしまうと、歌っている側は歌えはするんですが、聴いている側だと「なんか違う」と感じる方も多いと思うんですよね。
高音曲は、高音をすぱっとさせてこそ良いという側面もあると思います。

Sponsored Link

 

だからこそ、高音の曲を原曲キーそのままで、綺麗な高音を出せてこそ盛り上がるという事もあります。
(複数人でカラオケに行った場合ですね)

 

 

オク下にも大きく分けると2種類あり、1オクターブ下げる場合と、キーをいくつか下げる場合があります。
キーを2つ下げて歌ったとして、厳密にはオク下ではないのですが、最近ではキーを下げた発声を「オク下」と呼ばれる事が多いように感じます。

 

正確には、

☆オク下
1オクターブ下で、キーで言うとマイナス12

 

なので、キーを少し下げた場合は、オク下ではありません。
ご自分でキーの高低がわかっている場合は、ちょっと下げているのか、1オクターブ下げているのかはわかると思います。

 

と言うことで、出来れば原曲キーで歌った方がいいとは思います。
人によっては、キーをマイナス1~2くらいだと、違和感なく聞こえる場合もあります。
無自覚でオク下になってしまう人もいると思うんですけど、これは高音を出せない人に多いですね。

 

高音を出したい場合は、ミックスボイスの習得がお勧めです。
詳しくはこちらに書いてあります。
ミックスボイスの出し方 練習方法や感覚・コツがこれでわかる!

 

 

 

個人差はあれど、キーを下げた歌唱に違和感を感じる人は、少なくはないと思います。
絶対音感がある方は、キーをプラマイ1でもすぐにわかりますし、絶対音感がなくても「低い(高い)気がする」と感覚的にわかる人はわかります。

 

特に、高音曲をオク下で歌っちゃうと曲の良さが消える事があります。
ONE OK ROCKの「完全感覚Dreamer」も、高音をガツンと出すのがかっこよさの1つだと思うんですけど、
ここをオク下で出しちゃうと、キーとしては「男性曲だと低めのキー」になっちゃうので、確実に違和感は出て来ます。

 

オク下は慣れちゃうと、高音が出しづらくなります。
ご自分がオク下かどうかわからない場合は、友人や知人の方に聞いてみて下さい。
学生の方は、音楽の先生に聞いてみてもいいかも知れません。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。